[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平141m弾の着弾地点はここ 米記者が最上段からの景色公開「ファンは3人だけ」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は9日(日本時間10日)、マリナーズ戦に「2番・DH」で出場。3回の第2打席に右翼席へ飛距離463フィート(141メートル)の33号ソロを放つなど、4打数1安打1打点だった。衝撃の一打は敵地Tモバイルパークのデッキ席最上段まで飛んだが、米記者は着弾地点からの景色を画像で公開。近くに陣取っていた現地ファンのコメントも紹介している。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

大谷が放った33号本塁打の着弾地点、米記者が写真で公開

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は9日(日本時間10日)、マリナーズ戦に「2番・DH」で出場。3回の第2打席に右翼席へ飛距離463フィート(141メートル)の33号ソロを放つなど、4打数1安打1打点だった。衝撃の一打は敵地Tモバイルパークのデッキ席最上段まで飛んだが、米記者は着弾地点からの景色を画像で公開。近くに陣取っていた現地ファンのコメントも紹介している。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 こんな高いところまで飛んできたのか……。大谷の33号の着弾地点に立ち、グラウンドを撮影したのは米スポーツメディア「ジ・アスレチック」のエンゼルス番、サム・ブラム記者。自身のツイッターに「ショウヘイ・オオタニのホームランが飛んできた場所です。セキュリティースタッフは、これが跳ね返って(球が)下に落ちたと言っています」とつづり、右翼デッキ席の最上段からの写真を投稿している。

 グラウンドの選手は小さく写り、バッターボックスは遥か遠くに感じる1枚。大谷が記録した飛距離の凄まじさが伝わってくる。同記者は、続けての投稿で「そこには3人のファンしかいませんでした」と伝え、そのうち1人のコメントも紹介。「段々打球が近づいてきました。『なんなんだ、これは?』という感じでした」と話したという。

 本塁打数メジャー単独トップを走る大谷。チームは3-7で敗れたが、出場する球宴前日のホームランダービーが楽しみになるような、驚きの141メートル弾だった。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集