[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

【バドミントン】タカマツペアが勝負所で五輪金の本領発揮 決勝に導いた「奇跡」のリターン

決して万全ではない「タカマツペア」が、勝負所で五輪金メダルの実力を発揮した。東京体育館で開催されている「ヨネックス・オープン・ジャパン2016」は24日、女子ダブルス準決勝が行われ、リオデジャネイロ五輪金メダリストの松友美佐紀・高橋礼華(日本ユニシス)組が田中志穂・米元小春(北都銀行)組を21-14、21-19のストレートで下して決勝進出を果たした。

20160924_takamatsu-2jpg

「調整不足」で臨んだヨネックスOPで決勝進出へ、2大会ぶりVに王手

 決して万全ではない「タカマツペア」が、勝負所で五輪金メダルの実力を発揮した。東京体育館で開催されている「ヨネックス・オープン・ジャパン2016」は24日、女子ダブルス準決勝が行われ、リオデジャネイロ五輪金メダリストの松友美佐紀・高橋礼華(日本ユニシス)組が田中志穂・米元小春(北都銀行)組を21-14、21-19のストレートで下して決勝進出を果たした。

 鮮やかな連携で世界一をつかみ取った2人を見ようと、会場は満員に。高橋も「チケット完売となる中で『変な試合はできない』という気持ちがありました」と気合を入れて準決勝に挑んだ。

 とはいえ、リオ五輪の熱狂から約1か月、タカマツペアは万全の状態で今大会を迎えたわけではなかった。金メダル獲得のフィーバーもあって練習時間の確保が今まで以上に難しくなり、「調整不足です。(五輪後の)合宿でも動けない状態になることがありました」(高橋)。決して100%の状態ではなく、試合途中には足を伸ばすシーンも見受けられた。

 第1ゲームは主導権を握って21-14で先手を取ったものの、続く第2ゲームは「相手ペアが前に出てきて、そのリズムに合わせすぎた」(松友)と、田中・米元組の巻き返しもあって終盤まで僅差の戦いが続いた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集