[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 葛西、史上最多8度目出場! 20位で決勝進出、日本勢は全4人通過…ノーマルヒル予選

葛西、史上最多8度目出場! 20位で決勝進出、日本勢は全4人通過…ノーマルヒル予選

平昌五輪は8日、スキージャンプ男子ノーマルヒル予選が行われ、冬季五輪史上単独最多8度目の出場となった葛西紀明(土屋ホーム)は98メートルで117.7点の20位で決勝進出を決め、日本勢4人は全員予選を通過した。

葛西紀明【写真:Getty Images】
葛西紀明【写真:Getty Images】

伊東大貴、小林陵侑、小林潤志郎も10日の決勝進出

 平昌五輪は8日、スキージャンプ男子ノーマルヒル予選が行われ、冬季五輪史上単独最多8度目の出場となった葛西紀明(土屋ホーム)は98メートルで117.7点の20位で決勝進出を決め、日本勢4人は全員予選を通過した。

【PR】夢は「6億円」だけじゃない ついに開催1000回、スポーツくじが築く未来とは

 37番目に登場した葛西は綺麗な飛形から98メートルをマーク。テレマークを決め、117.7点のスコアが出ると、カメラに向かって笑顔を見せ、ピースサインを決めた。これが、歴史的瞬間となった。

 葛西は1992年のアルベールビル大会で五輪デビュー。以来、一度も代表落ちすることなく出場を重ね、今回で7度で並んでいたリュージュのアリベルト・デムチェンコ(ロシア)を抜き、冬季五輪史上最多の8大会連続8度目の出場となった。大会前から海外メディアの注目を集めていた45歳の「レジェンド」が五輪の歴史に残る金字塔を打ち立てた。

 小林潤志郎(雪印メグミルク)は101メートルの118.4点で日本勢トップの18位、小林陵侑(土屋ホーム)は98メートルの115.3点で21位、伊東大貴(雪印メグミルク)は93.5メートルの106点で31位、それぞれ予選を通過。日本勢4人全員が10日の決勝に駒を進めた。

(THE ANSWER編集部)

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー