[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、驚異の対応力 本塁打直前の豪快空振りにも米注目「わざとやったの?」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が20日(日本時間21日)、タイガース戦に「2番・DH」で出場。第3打席でシーズン自己最多&メジャートップタイの23号2ランを放つなど4打数1安打2打点だった。ここ6試合で6発と快音が止まらない大谷の対応力に注目しているのは米国の投球分析家ロブ・フリードマン氏だ。本塁打を打つ前のボールでは、同じコースで空振りしていることに注目。両方のシーンを動画付きで比較している。

第3打席で23号2ランを放ちダイヤモンドを一周するエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
第3打席で23号2ランを放ちダイヤモンドを一周するエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

3球目で空振り、5球目で本塁打…同じコースでの異なる結果に投球分析家注目

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が20日(日本時間21日)、タイガース戦に「2番・DH」で出場。第3打席でシーズン自己最多&メジャートップタイの23号2ランを放つなど4打数1安打2打点だった。ここ6試合で6発と快音が止まらない大谷の対応力に注目しているのは米国の投球分析家ロブ・フリードマン氏だ。本塁打を打つ前のボールでは、同じコースで空振りしていることに注目。両方のシーンを動画付きで比較している。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 絶好調の大谷は対応力も凄い。2点を追う5回1死二塁で迎えた第3打席だ。カウント1ボール2ストライクからの5球目、大谷は右腕マイズの低めぎりぎりの85マイル(約137キロ)スライダーを巧く拾って、バットに乗せた。舞い上がった打球はバックスクリーンへ。大谷は右手を突き上げ、雄叫び。ダイヤモンドを1周する姿からは貫録すら漂っていた。

 実は同じ打席、カウント1-1からの3球目はほぼ同じコースを空振り。ヘルメットを豪快に飛ばしていた。

 これに注目したのは「ピッチングニンジャ」の愛称で知られるフリードマン氏。「ショウヘイ・オオタニ。アメージング。『強打投手』クラブの会長」と文面に記して、23号弾の動画を公開している。さらに別の投稿では「同じ打席の数球前」として大谷が豪快に空振りするシーンも動画付きで脚光を浴びせている。すると米ファンからも反響が集まっている。

「通常なら、これほど強烈にスイングしてヘルメットを飛ばしたら、次の2球で三振になる。オオタニは同じこと(スイング)をしたが、今度は415フィート(約126メートル)飛ばした」
「マジか。これは素早い対応だ」
「対応力がないなんて言えないね。彼は素晴らしい選手だ」

 中には「投手に後で同じ球を投げさせるためにわざとやったと思う?」といった、空振りは呼び水だった、と想像する声もあった。

 こうした対応力の高さも、大谷が躍動し続ける要因の1つかもしれない。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集