[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

ラグビー日本代表、逆転を呼んだ新ルーティン 前半終了後に円陣「今年から入れた」

ラグビー日本代表が12日、静岡・エコパスタジアムでサンウルブズと強化試合を行い、32-17で勝利した。史上初の8強入りを果たした2019年ワールドカップ(W杯)日本大会以来、601日ぶりの代表戦。主将のFLリーチ・マイケル、PR稲垣啓太、SO田村優など当時のメンバー13人が先発に名を連ねた。観衆は1万8434人だった。

サンウルブズとの試合後チームメイトと健闘を称え合う日本代表のリーチ・マイケル主将(中央)【写真:奥井隆史】
サンウルブズとの試合後チームメイトと健闘を称え合う日本代表のリーチ・マイケル主将(中央)【写真:奥井隆史】

前半終了後、ロッカーに向かう前に組んだ円陣「リフレッシュとコミュニケーション」

 ラグビー日本代表が12日、静岡・エコパスタジアムでサンウルブズと強化試合を行い、32-17で勝利した。史上初の8強入りを果たした2019年ワールドカップ(W杯)日本大会以来、601日ぶりの代表戦。主将のFLリーチ・マイケル、PR稲垣啓太、SO田村優など当時のメンバー13人が先発に名を連ねた。観衆は1万8434人だった。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 前半は劣勢を強いられた日本だったが、31分にSO田村優がペナルティキックを決め、新生・日本代表の初得点を記録。しかし、優位に進められず、3-14とまさかの展開で前半を折り返した。後半は積極的に選手交代を行い、25分にCTB中村亮土が逆転トライ。一度は追いつかれたが、残り10分を切ってテビタ・タタフなどの2トライで突き放した。

 今回は19年W杯でアイルランドから歴史的勝利を挙げた会場で有観客開催。1万8434人の観衆が詰めかけた。1年8か月ぶりの代表戦に勝ち、ジェイミー・ジョセフヘッドコーチ(HC)とリーチがオンライン会見に登場。ジョセフHCはこう振り返った。

「サンウルブズがゲームを仕掛けてきた。貪欲さがあったと思う。パンチを食らった感じだと思いますが、後半に修正できたと思います。長い間試合をできていなかったので、スムーズにいかない部分は想像していた。相手も半分は代表チーム。プレッシャーの中で試合をしていくのは必要なこと。相手はライバル心も燃やすプレーもたくさんあった。サンウルブズがプレッシャーをかけてきたけど、チームとして後半に改善できた。こちらは後半に入ったメンバーがインパクトを与えてくれた」

 リーチは「最初からブレイクダウンへのプレッシャーがあってやりたいゲームができず、ちょっとずつ崩れてしまった」とコメント。前半終了後、ロッカーに向かう前に円陣を組んだ理由、課題についてこう続けた。

「今年から新しく入れたことです。ハーフタイムでロッカーに帰る時にバラバラになる。チームとしてリフレッシュすることとコミュケーションを取るのが大事。それでハドルを組んだ。前半の悪いプレーを気にせずにリスタートしよう、後半はしっかり入ろうと話をした。ここまでの準備では一人ひとり必要なことを意識してやってきた。課題はやったことを試合に生かすこと。それに集中しないといけない。(練習で)言ってきたことは正しいけど、実行力が足りていない」

 コロナ禍で昨年の代表活動は中止。先月26日から大分・別府合宿で再始動した。今後は欧州遠征として英国系4協会の選抜チーム、全英・アイルランド代表ライオンズ戦(スコットランド)を26日に予定。7月3日には敵地でアイルランドと戦い、23年W杯フランス大会に向けて強化を図っていく。リーチは「ライオンズ戦に向けてやらないといけないのは、全ての局面。ボールキャリーのスピードとかも、もう一回意識を上げないといけない」と課題を口にした。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集