[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の打球はどこへ…目視困難な143m弾に米メディア困惑「見えた?我々も見えず」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は8日(日本時間9日分)、本拠地ロイヤルズ戦に「2番・DH」で先発し、先制17号2ランなど3打数2安打2打点だった。自己最長143メートルの超特大弾について、米メディアは動画付きで続々と報道。「我々も見えなかった」「ショウ・マイ・ボム」とつづっている。

第1打席で先制の17号2ランを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
第1打席で先制の17号2ランを放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

大谷翔平が自己最長の超特大弾、落下点を目視できるか…

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は8日(日本時間9日分)、本拠地ロイヤルズ戦に「2番・DH」で先発し、先制17号2ランなど3打数2安打2打点だった。自己最長143メートルの超特大弾について、米メディアは動画付きで続々と報道。「我々も見えなかった」「ショウ・マイ・ボム」とつづっている。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 驚きを隠せない。0-0の初回無死一塁。大谷は真ん中に入ってきた変化球を豪快にかっ飛ばした。投手も諦めたかのようにすぐには振り返らない。凄まじい勢いで飛んでいく打球は、右中間スタンド後方へと着弾した。自己最長の143メートル弾だ。

 多くの米メディアがツイッターに動画を公開。米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」は「ショウヘイの470フィート弾。彼は信じられない」とつづった。米テレビネットワーク「バリー・スポーツ」は「ボールがどこに行ったか見た? そう、我々も見えなかった。ショウヘイは本当にスペシャル」と困惑気味に驚きを表現している。

 米スポーツ専門メディア「ブリーチャーレポート」も「ショウ・マイ・ボム」と記し、「オーマイガー」にかけて爆弾級の一撃だったことを伝えている。米スポーツネットワーク「スタジアム」は「オオタニの毎晩のハイライト:470フィート弾」と投稿した。大谷は第2打席に右中間へ二塁打、第3打席は空振り三振、第4打席は四球。チームは5本塁打を放ち、8-1で勝利を収めた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集