[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平は「数値を振り切っちゃったんだ」 握力計の“限界突破”を元同僚が証言

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手について、2018年にチームメイトだった選手がノーステップ打法の“きっかけ”を明かしている。米放送局「MLBネットワーク」公式ツイッターが1本の動画を公開。番組内で「握力検査をした時、値を振り切った」と話題になっている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

大谷の怪力裏話、元同僚のヤング氏「全てのテストでとんでもない数値」

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手について、2018年にチームメイトだった選手がノーステップ打法の“きっかけ”を明かしている。米放送局「MLBネットワーク」公式ツイッターが1本の動画を公開。番組内で「握力検査をした時、値を振り切った」と話題になっている。

【注目】元日本代表DF田中マルクス闘莉王が漢を感じる熱いプレー 川崎22歳の芸術弾を選んだワケとは

 解説者たちが大谷を話題にしていた。ツイッターでは、同局の番組「MLBネットワーク・ショーケース」で放送された一部分を公開。「ショウヘイ・オオタニを愛す理由はいくらでもある」と文面に記し、3人の解説陣のコメントを紹介した。

 司会のスティーブン・ネルソン氏が「オオタニの最も好きなところは」と質問。レッズなどでプレーしたショーン・ケイシー氏が「パワーだ」、ヤンキースなどでプレーしたCC・サバシア氏が「驚かされるのはスピードだ。彼は本当に速い」と答えた。一方、18年に大谷とチームメイトだったクリス・ヤング氏はこう語っている。

「パワーとスピードももちろんだけど、適応力が好きだ。彼が初めて(米国に)来た時を見ていたけど、(打者として)日本の投球から米国の投球に適応する必要があった。以前は平凡なフライアウトとか、バランスを崩されることが多々あった。足を大きく振ってもいた。日本ではいいかもしれないが、春季キャンプに来た時は(修正に)かなり苦戦していたよ」

 大谷のメジャー挑戦初年度にキャンプで苦戦していたことに言及。さらに「彼はチームで一番強い男だ。握力検査をした時、値を振り切っちゃってね。全てのテストでとんでもない数値を出していたよ。それで、彼は足をついたままでも同じ力を発揮できることに気づいた。彼はとても運動能力が高いんだ」と話した。

 ノーステップ打法に変えた経緯を明かしている。大谷は今季15本塁打をマーク。投打で活躍する姿に米解説陣も注目しているようだ。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集