[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、激怒打者を制圧 内角158kmの“ねじ伏せた”三振に米歓喜「今季一番熱い」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は28日(日本時間29日)、敵地アスレチックス戦に先発登板した。3回、投球が相手打者の顔面付近を通過。一触即発の状態となったが、直後に98マイル(157.71キロ)の剛球で空振り三振に仕留めた。米メディアが動画を公開すると、米ファンからは「今季一番熱いシーン」などと歓喜の声が寄せられている。

アスレチックス戦に先発し、6回0/3で3安打2失点だったエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
アスレチックス戦に先発し、6回0/3で3安打2失点だったエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

あわや乱闘騒ぎの直後に投じた球が凄い

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は28日(日本時間29日)、敵地アスレチックス戦に先発登板した。3回、投球が相手打者の顔面付近を通過。一触即発の状態となったが、直後に98マイル(157.71キロ)の剛球で空振り三振に仕留めた。米メディアが動画を公開すると、米ファンからは「今季一番熱いシーン」などと歓喜の声が寄せられている。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 ねじ伏せた。0-0の3回無死一塁。大谷が投じた速球が右打者キャンハの顔面付近を通過した。両軍がベンチから飛び出す事態に。怒るキャンハとは対照的に、大谷は苦笑いしていた。プレー再開後、大谷がフルカウントから投じたのは98マイルの剛球。動じずに内角低めを攻め、空振り三振を奪った。スタートしていた一塁走者も、捕手スズキが刺して併殺となった。

 実際の動画を、米ロサンゼルス地元放送局「バリー・スポーツ・ウェスト」公式ツイッターが公開。米スポーツメディア「ジ・アスレチック」などに寄稿していたブレント・マグワイア記者も「緊張が走った後に、オオタニは98マイルの直球(今夜最速)でキャンハを三振に」とツイートした。

 米ファンは「これが野球!」「今季一番熱いシーン」「投手を守ったカート・スズキ、大好きだ」「スズキ、良いぞ」とコメント。大谷はキャンハの次の打席で死球にしたが、故意ではないことが伝わったようで乱闘にはならなかった。6回0/3で3安打2失点。しかし、チームは1-3で大谷の今季初黒星となった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集