[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平は“ウェート最強の男” エ軍OBが驚いた秘話「匹敵するのはトラウトだけ」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は25日(日本時間26日)、レンジャーズ戦に「2番・DH」で先発出場。第3打席で右翼ポール際へ15号3ランを放った。弾丸ライナーの打球速度は、自己最速となる117マイル(約188キロ)。そのパワーが米国でも驚かれているが、米ロサンゼルスの中継で解説を務めたエンゼルスOBは「ウェートルームで最も強い男」とエピソードを語っている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

米解説者が大谷のエピソードを明かす

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は25日(日本時間26日)、レンジャーズ戦に「2番・DH」で先発出場。第3打席で右翼ポール際へ15号3ランを放った。弾丸ライナーの打球速度は、自己最速となる117マイル(約188キロ)。そのパワーが米国でも驚かれているが、米ロサンゼルスの中継で解説を務めたエンゼルスOBは「ウェートルームで最も強い男」とエピソードを語っている。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 レンジャーズ戦の4回、わずか3.7秒でスタンドインする弾丸ライナーでの15号を放った大谷。14日(同15日)のレッドソックス戦では、泳ぎながらも左翼グリーンモンスターを越える11号本塁打を放ったが、その後に腕が逞しすぎる“マッチョ大谷”の写真がMLB公式サイトの動画コーナー「Cut4」に公開されるなど、桁違いのパワーも注目されている。

 そんな中、地元の中継局「バリー・スポーツ・ウェスト」公式ツイッターは、現役時代エンゼルスなどでプレーした解説者ボビー・グリッチ氏が大谷について語る映像を公開。15号を放ったレンジャーズ戦後、同氏はパワーに関するエピソードを次のように話している。

「ウェートルームのトレーナーに『オオタニにウェートトレーニングをさせなきゃ』と言ったら『グリッチ、彼(大谷)の強さに匹敵するのは唯一マイク・トラウトだけだよ。オオタニはウェートルームで最も強い男だ』って言われたんだ。『冗談だろ』って驚いたよ。だから、あのロケット(本塁打)には理由があるんだ。彼は強い男なんだ」

 大谷はエンゼルスで屈指のパワーを誇り、トラウトと双璧をなしているという。驚きの一撃で、ア・リーグ本塁打数トップに1本差と迫った二刀流。この日は3打数1安打3打点2四球で、エンゼルスの11-5の勝利に貢献している。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集