[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、二刀流旋風はオランダにまで波及 地元紙が絶賛「神童」「唯一無二の存在」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は今季、投打の活躍で米メディアの注目を集めているが、二刀流の話題はオランダにまで波及したようだ。地元紙は「神童オオタニ」として異例の特集。侍ジャパンでの伝説の一撃を振り返るなど、国際的な知名度も高まりを見せている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

オランダ地元紙が大谷を特集

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は今季、投打の活躍で米メディアの注目を集めているが、二刀流の話題はオランダにまで波及したようだ。地元紙は「神童オオタニ」として異例の特集。侍ジャパンでの伝説の一撃を振り返るなど、国際的な知名度も高まりを見せている。

【注目】元日本代表DF田中マルクス闘莉王が漢を感じる熱いプレー 川崎22歳の芸術弾を選んだワケとは

 今季ア・リーグMVP候補にも挙がるほどの爆発を見せている大谷。米メディアを席巻する中、欧州では野球の盛んなオランダでも注目を高めている。地元紙「デ・フォルクスクラント」は「神童オオタニは投手であり、打者でもあり、とても速く、多くのホームランを放つ」と見出しを付けて記事を掲載している。

 記事では「この100年間、米球界では日本のショウヘイ・オオタニのような選手を目にすることはなかった。26歳のロサンゼルス・エンゼルスのスター選手は愛好家たちに神話の生物である唯一無二の存在、ユニコーンに例えられている。何がそこまで例外的にたらしめているのか。オオタニは投手であり、打者なのだ。彼はどちらの分野でも最高の選手と対抗できる」と絶賛している。

 記事では4月のホワイトソックス戦で、投手としては160キロの豪速球を投げ、同じ試合で打者としても約130メートルの本塁打を放ったことを紹介。WBC強化試合として行われた2016年11月のオランダ戦で、日本代表の一員だった大谷が東京ドームの屋根を直撃する二塁打を放ったことも振り返り「オランダ代表もオオタニのパワーには発言権があるのだ」と報じている。

 ヤンキースなどで投手として活躍したCC・サバシア氏が「オレが見た中で、最高の選手」と絶賛したことなども伝えながら、大谷のこれまでのキャリアも特集では紹介。ベーブ・ルース以来の二刀流旋風の猛威はもはや、米国内にとどまらない様子だ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集