[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

レブロンは左肩押さえて苦悶 退場者出た乱闘寸前の事態に米注目「これはちょっと…」

米プロバスケットボール(NBA)のプレーオフで、両軍が入り乱れる事態が注目を集めている。23日(日本時間24日)、レイカーズのレブロン・ジェームズがサンズとの第1戦でファウルを受けて倒れ、ルーズボールを巡っては選手が交錯。退場者を出す事態に発展した。実際の映像を米メディアが公開。「これはちょっと……」「見ていられない」と米ファンの反響を集めている。

レイカーズのレブロン・ジェームズ【写真:AP】
レイカーズのレブロン・ジェームズ【写真:AP】

サンズとのプレーオフ第1戦、レブロンはコートに倒れる

 米プロバスケットボール(NBA)のプレーオフで、両軍が入り乱れる事態が注目を集めている。23日(日本時間24日)、レイカーズのレブロン・ジェームズがサンズとの第1戦でファウルを受けて倒れ、ルーズボールを巡っては選手が交錯。退場者を出す事態に発展した。実際の映像を米メディアが公開。「これはちょっと……」「見ていられない」と米ファンの反響を集めている。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 一触即発の事態となった。86-77とサンズリードの第4クオーター(Q)残り9分2秒。レブロンは、自ら放ったフリースローのリバウンドに反応。しかしジャンプした際に相手のクリス・ポールと接触。ファウルを受け、苦悶の表情で倒れ込んだ。左肩辺りを押さえている。ルーズボール争いではレイカーズのアレックス・カルーソとサンズのキャメロン・ペインが交錯し、ヒートアップすると審判が両軍を引き離す事態となった。

 実際のシーンを、米スポーツ専門局「ESPN」の番組「スポーツセンター」公式ツイッターが動画で公開。「選手たちが引き離されなければいけない事態に」などとつづって注目すると、米ファンからは「綺麗とは言えないプレー」「レブロンは下手なアクターだ」「レイカーズファンだが、これはちょっと……」「レブロン大丈夫かな?」「見ていられない」「馬鹿げている」と様々な反応が寄せられている。

 この騒動でペインは退場処分となり、カルーソと同僚のモントレズ・ハレルにはそれぞれテクニカルファウルが与えられた。また、米スポーツ専門局「CBSスポーツ」によると、レイカーズのフランク・ボーゲルヘッドコーチは試合後、「過剰にアグレッシブ」「危険なプレー」とポールのファウルに言及。この出来事の後もプレーを続けたレブロンは「第2戦の準備はできている」とだけ話したという。なお、試合は99-90でサンズが勝利した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集