[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、増加するMLB選手からの称賛 「狂っているよ」「外見も俺より良いって…」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は今季、投打に実力を発揮。打撃では本塁打数で現在ア・リーグ2位の14本塁打、投げても6試合に登板して防御率2.37をマークしている。俊足や、登板後に外野守備を守ったことでも大きな話題となっている26歳は、日米のファンやメディアだけでなく、対戦するメジャーリーガー達からも驚きの声が寄せられることが多くなっている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

コール、マルティネスら大物選手も大注目

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は今季、投打に実力を発揮。打撃では本塁打数で現在ア・リーグ2位の14本塁打、投げても6試合に登板して防御率2.37をマークしている。俊足や、登板後に外野守備を守ったことでも大きな話題となっている26歳は、日米のファンやメディアだけでなく、対戦するメジャーリーガー達からも驚きの声が寄せられることが多くなっている。

【注目】元日本代表DF田中マルクス闘莉王が漢を感じる熱いプレー 川崎22歳の芸術弾を選んだワケとは

 大谷が衝撃を与えたシーンは枚挙にいとまがないが、メジャーでは118年ぶりの「2番・投手」で出場した4月4日(日本時間5日)のホワイトソックス戦では、初回の第1打席で豪快な2号ソロ本塁打をマーク。投げても渡米後最速タイの101.1マイル(約162.7キロ)を計測し、勝ち投手にはならなかったが、米国を驚かせていた。

 この躍動に言及したのが、ヤンキースのエースで年俸39億円のゲリット・コール投手だった。MLB公式サイトは「俺はとてつもない才能を持つオオタニの大ファンだ」「俺も確かに彼のように強いボールを投げ込める。しかし、彼のように打つことはできない」と絶賛したと記載していた。また、レッドソックスの主砲J・D・マルティネスも「スタントンやジャッジのようなパワーの持ち主」「狂っているよ」と語ったと伝えられていた。

 以降も投打に活躍する大谷に、MLB選手が称賛を送ることは珍しくなくなった。以下、複数の米メディアに報じられたコメントを紹介したい。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集