[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、いつもと違った“省エネ投球”を敵将分析「予想した球速ではなかったが…」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は19日(日本時間20日)、本拠地インディアンス戦に「2番・投手」で4度目の投打同時出場した。投げては4回2/3で5安打2失点、5奪三振も今季2勝目はならず。降板後には右翼の守備に就き、6回の第3打席ではセーフティーバントを決めるなど3打数1安打だった。チームは2-3で敗れた。

「2番・投手」で4度目の投打同時出場を果たした大谷翔平【写真:Getty Images】
「2番・投手」で4度目の投打同時出場を果たした大谷翔平【写真:Getty Images】

最速は153キロ止まり、インディアンス指揮官は「その中で上手く切り抜けていた」

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は19日(日本時間20日)、本拠地インディアンス戦に「2番・投手」で4度目の投打同時出場した。投げては4回2/3で5安打2失点、5奪三振も今季2勝目はならず。降板後には右翼の守備に就き、6回の第3打席ではセーフティーバントを決めるなど3打数1安打だった。チームは2-3で敗れた。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 責任の5回まであとアウト1つだった。大谷は初回に1点を失うも、2回までに4奪三振。3回はわずか7球で仕留めるなど上々の立ち上がり。しかし味方が勝ち越した直後の5回は先頭のバウアーズに被弾。2死を取ったが、四球を与えたところで降板となった。

 72球で四球は2つだったが、フォーシームの最速は95.3マイル(約153.4キロ)にとどまった。160キロに迫るような快速球はなりをひそめた格好となったが敵軍はどう見ていたのか。AP通信のグレッグ・ビーチャム記者が自身のツイッターで、インディアンスのテリー・フランコーナ監督が大谷ついて語ったコメントを紹介している。

「彼は我々が予想していたほどの球速を出してはいなかった。ベンチでの様子を見ると、彼はチームの人たちとたくさん話し合って(試行錯誤して)いるようだった。でもその中で上手く切り抜けていたと思う」

 普段とは少し違った大谷の投球スタイルに一定の評価を下していた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集