[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 錦織、敗戦の中にも光明「痛みを感じず戦えた」 自身が口にした次の課題は?

錦織、敗戦の中にも光明「痛みを感じず戦えた」 自身が口にした次の課題は?

男子テニスの世界ランク24位・錦織圭(日清食品)は23日(日本時間24日)、ツアー下部大会の「ニューポートビーチ・チャレンジャー」の1回戦で世界ランク238位のデニス・ノビコフ(米国)に3-6、6-3、4-6で敗れた。昨年8月の右手首故障からリハビリを経ての復帰戦となった錦織は「手首の状態はすごくいい」と懸念材料の払拭に手応えを明かしていた。イタリアのテニス専門メディア「UBIテニス.com」が報じている。

錦織圭【写真:Getty Images】
錦織圭【写真:Getty Images】

リハビリを経ての復帰戦、金星献上も錦織は手応え十分

 男子テニスの世界ランク24位・錦織圭(日清食品)は23日(日本時間24日)、ツアー下部大会の「ニューポートビーチ・チャレンジャー」の1回戦で世界ランク238位のデニス・ノビコフ(米国)に3-6、6-3、4-6で敗れた。昨年8月の右手首故障からリハビリを経ての復帰戦となった錦織は「手首の状態はすごくいい」と懸念材料の払拭に手応えを明かしていた。イタリアのテニス専門メディア「UBIテニス.com」が報じている。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 5か月ぶりの復帰戦。ノビコフにフルセットの末に敗れ、相手に“初金星”を献上した錦織だが、大いなる手応えを感じていたようだ。

 試合後には、敗戦にも関わらずファンからのサイン、写真撮影に応じる姿も脚光を浴びた。同メディアによると、試合後の記者会見で「手首は問題ない。もっと試合に慣れていく必要があると思います」と心配なしを強調。

 実戦感覚の不足を認めたうえで、「自分のプレーもアップダウンがありました。ポジティブな部分とネガティブな部分もありました。まだまだ取り組んでいく部分があります」と前を向いた。

1 2 3
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー