[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

10戦7度予選落ちからV争い 淺井咲希が気分転換で首位「シューズ10足洗ってすっきり」

女子ゴルフの国内ツアー・ほけんの窓口レディース第2日が15日、福岡CC和白C(6335ヤード、パー72)で行われたが、天候の回復が見込めないためサスペンデッドとなった。5打差の31位で出た22歳の淺井咲希(小杉CC)は、7番までに5バーディー、ボギーなしの通算6アンダーで暫定首位に浮上。36ホールの短縮競技となり、残り11ホールで優勝を狙う。

通算6アンダーで暫定首位に浮上した淺井咲希【写真:Getty Images】
通算6アンダーで暫定首位に浮上した淺井咲希【写真:Getty Images】

ほけんの窓口レディース第2日

 女子ゴルフの国内ツアー・ほけんの窓口レディース第2日が15日、福岡CC和白C(6335ヤード、パー72)で行われたが、天候の回復が見込めないためサスペンデッドとなった。5打差の31位で出た22歳の淺井咲希(小杉CC)は、7番までに5バーディー、ボギーなしの通算6アンダーで暫定首位に浮上。36ホールの短縮競技となり、残り11ホールで優勝を狙う。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 雨中の猛追だった。淺井は1番で残り145ヤードから2メートルに、3番パー4は右ラフから残り100ヤードの第2打を3メートルにつけてともにバーディー。5番は40ヤードのアプローチを2メートルに寄せて1つ伸ばした。6番も110ヤードから1メートル半に、172ヤードの7番パー3もピン手前3メートルにつけて3連続バーディーだ。7ホールで怒涛の5バーディー。中断で流れは途切れたが、笑顔で振り返った。

「私のゴルフ自体は昨日から良い。昨日は最後にダボだったけど、その分を取り返そうと思って、今日は攻めるゴルフをしました。3連続バーディーの途中だったのでハーフまで行きたかった気持ちはあったけど、ネガティブな感じはなく、今日はいいプレーができた自分を褒めたい」

 渋野日向子(サントリー)らと同じ1998年度生まれの黄金世代。今年は10試合で4連続を含む7度の予選落ち。最高20位でトップ10にも入れてない。週末はテレビで試合観戦。「画面上に自分がいないことで病み気味になっていました。何もかもがよくなかった。ちょっとリフレッシュしようと思って手入れからしました」。洗面器に水をため、試合用の「シューズ10足」を一気に手洗い。2時間もかけ「全部洗ってスッキリした」とストレスを解消した。

 2019年8月にツアー初優勝。調子が良かった頃の映像を見返し「まずは形から入ろうと思って」と、今はカラフルのグリップを当時と同じ黒に統一。「良かった時の色。ちょっと気が引き締まる」と笑った。もちろん、技術面でも気持ちよくドローボールを打てるように意識し、スムーズに復調してきた。

 1年9か月ぶりの2勝目へ、残り11ホール。「最終組はスコアを伸ばしてくる。(同組の穴井)詩さんの勢いがよかった。優勝争いというより、詩さんについていきたい」。切られた流れを再燃させる。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集