[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の投球術 “47km差”緩急に米実況興奮「マジック・オブ・ショウヘイ・オオタニ」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は12日(日本時間13日)、アストロズ戦に「1番・DH」で先発出場。4打数無安打だった。前日11日(同12日)には「2番・投手」で投打同時出場。7回1失点10奪三振と好投し、8回には右翼守備にも就いたことで話題となった。現地メディアは投手・大谷に注目。ファストボールとカーブの“47キロの緩急”をつけた投球術を動画付き公開している。

大谷翔平【写真:AP】
大谷翔平【写真:AP】

元同僚マルドナードに投じたファストボール&カーブの球速差に地元局注目

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は12日(日本時間13日)、アストロズ戦に「1番・DH」で先発出場。4打数無安打だった。前日11日(同12日)には「2番・投手」で投打同時出場。7回1失点10奪三振と好投し、8回には右翼守備にも就いたことで話題となった。現地メディアは投手・大谷に注目。ファストボールとカーブの“47キロの緩急”をつけた投球術を動画付き公開している。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 元同僚を緩急で翻弄した。現地メディアは大谷がマルドナードに投じた3球に脚光を浴びせている。空振りを奪った98マイル(約158キロ)。外角低めへと鋭く曲がる88マイル(約142キロ)のスライダー。そして最後は69マイル(約111キロ)のカーブだ。

 ファストボールとカーブの球速差は実に47キロにも及んだ。地元中継局「バリー・スポーツ・ウエスト」公式ツイッターではこの3球にフォーカスし動画付きで公開しているが、実況のマット・バスガーシアン氏は「3つの球の中での球速差が30マイルですよ! マジック・オブ・ショウヘイ・オオタニ。ディズニーランドのアトラクション名みたいですね」と興奮気味に独特の表現で称賛していた。

 安定感を増す「投手・大谷」。13日(日本時間14日)は試合がなく久々の休養となった。次回登板を楽しみに待ちたい。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集