[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

モリーナでも捕れない剛速球 頭上まで“浮き上がる163km”に米驚愕「信じられない球」

米大リーグの剛腕投手が投じた、浮き上がるような剛速球が話題を呼んでいる。打者の顔付近を通るような軌道だったが空振りを奪い、名捕手も捕球できない1球を米国の投球分析家が動画付きで公開。現地ファンを驚愕させている。

ライアン・ヘルスリー【写真:AP】
ライアン・ヘルスリー【写真:AP】

カージナルス右腕ヘルスリーの投じた1球が話題

 米大リーグの剛腕投手が投じた、浮き上がるような剛速球が話題を呼んでいる。打者の顔付近を通るような軌道だったが空振りを奪い、名捕手も捕球できない1球を米国の投球分析家が動画付きで公開。現地ファンを驚愕させている。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 圧倒的な1球だ。12日(日本時間13日)のブルワーズ戦。カージナルスの右腕ライアン・ヘルスリーが8回2死でボーゲルバックを打席に迎えた場面だった。1ボール2ストライクからの5球目。101.3マイル(約163キロ)のファストボールは、浮き上がるような軌道で打者の目線付近へ。

 見逃せばボールだったが、ボーゲルバックは思わず手が出てしまった。空振り三振かと思われたが、これを名捕手モリーナが捕球できない。結果は振り逃げとなった。

 これに脚光を浴びせているのは「ピッチングニンジャ」の愛称で知られる米国の投球分析家ロブ・フリードマン氏。「ライアン・ヘルスリーの仰天の101マイルの直球。速すぎてボーゲルバックは参加賞(振り逃げ)を手にした」と添えて動画付きで投稿すると、米ファンには驚きが広がっている。

「この男はなんてやつだ」
「モリーナも捕れないなんて」
「信じられない球」
「頭の上じゃん」
「あんな高い球だけど振っちゃうか」
「打者はラッキーだね」
「速すぎてスローモーションで見たい」

 しかしヘルスリーはこの振り逃げでリズムを崩したか、この後3失点。チームは1-4で敗れている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集