[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、死球寸前から曲がる“腰引けフロントドア”に米実況「ビデオゲームですよ!」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は11日(日本時間12日)の敵地アストロズ戦に「2番・投手」で渡米後3度目の投打同時出場。7回1失点10奪三振と好投したが、勝敗はつかなかった。キレキレの投球を披露した大谷だが、特に際立った1球にMLBが脚光。2017年MVPホセ・アルトゥーベをのけ反らせたフロントドアに米ファンからは称賛が集まっている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
エンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

アルトゥーベのけ反らせる1球に米ファン「どうやって打つんだ?」

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は11日(日本時間12日)の敵地アストロズ戦に「2番・投手」で渡米後3度目の投打同時出場。7回1失点10奪三振と好投したが、勝敗はつかなかった。キレキレの投球を披露した大谷だが、特に際立った1球にMLBが脚光。2017年MVPホセ・アルトゥーベをのけ反らせたフロントドアに米ファンからは称賛が集まっている。

【注目】元日本代表DF田中マルクス闘莉王が漢を感じる熱いプレー 川崎22歳の芸術弾を選んだワケとは

 抜群のキレと制球力だ。大谷は3回1死で打席にアルトゥーベを迎えた。第1打席では右前打を浴びている167センチの小さな強打者に対しての3球目だ。82マイル(約132キロ)のスライダーは右打者の内角からベース手前で急激に変化。アルトゥーベは後方へ飛びのいたが、この1球は内角ストライクゾーンいっぱいに決まった。

 MLB公式インスタグラムでは「ショウヘイ・オオタニのビデオゲームのような投球」と添えて動画付きで脚光を浴びせると、米ファンには「エグいー」「この男ホームランも打つんだぜ」「アルトゥーベ怖がってる」「ショウヘイ最高」「彼はリーグの未来だ」「どうやってこれ打つんだ??」などと称賛が広がっている。

 また現地の実況アナも「見てくださいこの投球。ビデオゲームの球ですよ!」と現実離れした投球だと驚いていた。

 打撃でも1安打、8回からは右翼守備にも就いた大谷。格別の存在感を放ったが、チームは1-5で敗れている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集