[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • メドベージェワ、2年ぶりの敗戦も前向き「銀は銀。メダルの色は変えられない」

メドベージェワ、2年ぶりの敗戦も前向き「銀は銀。メダルの色は変えられない」

フィギュアスケートの欧州選手権(モスクワ)は20日(日本時間21日)、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位のアリーナ・ザギトワ(ロシア)が世界歴代2位となる合計238.24点で初優勝を飾った。右足の故障から復帰戦となったエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)は合計232.86点で2位。個人戦で実に2年ぶりに敗れたが、復活をアピールした世界女王は「銀は銀。何もメダルの色は変えられないわ」と前向きにとらえているという。

エフゲニア・メドベージェワ【写真:Getty Images】
エフゲニア・メドベージェワ【写真:Getty Images】

2か月ぶり復帰、欧州選手権2位も復活アピール「思ったより良い結果でした」

 フィギュアスケートの欧州選手権(モスクワ)は20日(日本時間21日)、女子フリーが行われ、ショートプログラム(SP)1位のアリーナ・ザギトワ(ロシア)が世界歴代2位となる合計238.24点で初優勝を飾った。右足の故障から復帰戦となったエフゲニア・メドベージェワ(ロシア)は合計232.86点で2位。個人戦で実に2年ぶりに敗れたが、復活をアピールした世界女王は「銀は銀。何もメダルの色は変えられないわ」と前向きにとらえているという。

【特集】「ソフトボールってこんなに面白いんだと…」 世界選手権に感じた“底力” / 第16回WBSC世界女子ソフトボール選手権大会(GROWINGへ)

 2か月ぶりに帰ってきたリンクで女王は力強く、そして、美しく舞った。

 メドベージェワは序盤はやや慎重さを感じさせたが、後半につれて本来の質の高いジャンプも披露。故障後、初実戦にもかかわらず、合計232.86点の高得点をマークした。復帰を歓迎した母国のファンから割れんばかりの喝采が降り注いだ。

 結果は母国の後輩、ザギトワがさらに上を行き、15年10月のグランプリ(GP)シリーズ、ロシア大会以来、実に2年ぶりの優勝を譲った。しかし、米スケート専門メディア「icenetwork」によれば、本人は結果を前向きにとらえているようだ。

「銀は銀。何もメダルの色は変えられないわ」と淡々と語ったというメドベージェワ。「朝起きたとき、自分に『できることをする、自分が見せられるものを今見せなきゃ』って言い聞かせました」と言い、さらにこう明かしたという。

1 2
DAZN(ダゾーン)|スポーツを観よう! ライブも見逃した試合も いつでも、どこでも
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー