[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平が“リアル三刀流”体現 右翼へ向かう姿に米記者驚き「ワオ」「面白い」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は11日(日本時間12日)の敵地アストロズ戦に「2番・投手」で渡米後3度目の投打同時出場。7回1失点10奪三振と好投したが、勝敗はつかなかった。降板後は右翼の守備に就き、打撃では4打数1安打だった。投手で出場した試合で降板後に守備に就くのは移籍後初めて。“リアル三刀流”に現地記者からは驚きの声が上がっている。

8回から右翼の守備に就いたエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
8回から右翼の守備に就いたエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

「2番・投手」で先発、8回からは右翼守備へ

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は11日(日本時間12日)の敵地アストロズ戦に「2番・投手」で渡米後3度目の投打同時出場。7回1失点10奪三振と好投したが、勝敗はつかなかった。降板後は右翼の守備に就き、打撃では4打数1安打だった。投手で出場した試合で降板後に守備に就くのは移籍後初めて。“リアル三刀流”に現地記者からは驚きの声が上がっている。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 まるで高校野球のような光景だった。今季最長の7回1失点と好投しベンチに戻った大谷は、8回の守備からは外野手用のグラブに持ち替えて右翼へと向かった。

 4月24日(日本時間25日)のアストロズ戦でDHを解除して左翼の守備に回るシーンはあったが、降板後は初めて。現地記者のツイッター上でも驚きが広がっている。

 米紙「ロサンゼルスタイムズ」のエンゼルス番ジャック・ハリス記者は「さあ、ここでひとつ。 アーロン・スレンジャーがマウンドに……そしてショウヘイ・オオタニがライトへ」と記せば、米ロサンゼルス地元紙「オレンジ・カウンティ・レジスター」のエンゼルス番ジェフ・フレッチャー記者も「オオタニが9回に打者を務めるために今右翼に。面白い」と注目を寄せた。

 MLB公式サイトのエンゼルス番のレット・ボリンジャー記者も「ワオ。ショウヘイ・オオタニが右翼手に。これで次の回に打者で残れる」と驚きをつづっている。

 降板後に救援陣が打たれたエンゼルスは1-5で敗戦。大谷の“三刀流”に渡る奮闘も及ばなかった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集