[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

  • HOME
  • ニュース
  • 日本人王者の禁止薬物反応を米報道 相手陣営は再戦要求「機会を与えられるべき」

日本人王者の禁止薬物反応を米報道 相手陣営は再戦要求「機会を与えられるべき」

プロボクシングのIBF世界スーパーフェザー級王者の尾川堅一(帝拳)に禁止薬物反応が出ことが明らかになった。米スポーツ専門局ESPN電子版が報じている。

テビン・ファーマー【写真 : Ed Diller/DiBella Entertainment】
テビン・ファーマー【写真 : Ed Diller/DiBella Entertainment】

尾川は昨年12月にラスベガスでタイトル獲得、ベルトはく奪の可能性も

 プロボクシングのIBF世界スーパーフェザー級王者の尾川堅一(帝拳)に禁止薬物反応が出ことが明らかになった。米スポーツ専門局ESPN電子版が報じている。

【特集】「頑張った先の結果」から見えるもの 水泳が育てる“自分を知る力”とは / 競泳 伊藤華英さんインタビュー(GROWINGへ)

 29歳の尾川は昨年12月9日(日本時間10日)にテビン・ファーマー(米国)とのIBF世界スーパーフェザー級王座決定戦(米ラスベガス)で判定勝ち。圧倒的不利の下馬評を覆しての、米国での世界王座獲得は、日本人としては1981年以来、36年ぶりの快挙だった。

 しかし記事によると、試合前のドーピング検査で陽性反応が出た。試合直前の検査では陰性反応だったが、試合数日前の2つのサンプルで陽性反応が確認されたという。

 もしコミッションが尾川サイドへの聴取などを行い、両サンプルが陽性だった結果以上のものが出てきてしまったならば、彼は2年間の出場停止処分と2万1000ドルの罰金が下される可能性が高まる、と伝えている。その場合、ベルトははく奪される。

1 2
全国高体連公式 インターハイ応援サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
SPORTS JAPAN GATHER: スポーツメディア ギャザー