[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

高橋彩華、大会コース記録「65」の大爆発! 初Vへ首位浮上「少しずつ成長してる」

女子ゴルフの2021年国内メジャー初戦・ワールドレディスサロンパスカップが7日、茨城GC東C(6630ヤード、パー72)で第2日が行われた。4打差の11位で出た22歳の高橋彩華(東芝)は8バーディー、1ボギーの大会コースレコードタイ65で回って通算9アンダー。ホールアウト時点で暫定首位に浮上した。

初優勝へ、暫定首位に浮上した高橋彩華【写真:Getty Images】
初優勝へ、暫定首位に浮上した高橋彩華【写真:Getty Images】

国内メジャー初戦・ワールドレディスサロンパスカップ第2日

 女子ゴルフの2021年国内メジャー初戦・ワールドレディスサロンパスカップが7日、茨城GC東C(6630ヤード、パー72)で第2日が行われた。4打差の11位で出た22歳の高橋彩華(東芝)は8バーディー、1ボギーの大会コースレコードタイ65で回って通算9アンダー。ホールアウト時点で暫定首位に浮上した。

【特集】変化を求めて破った殻 ソチ落選から北京まで挑戦し続けた8年の日々 / スピードスケート・高木美帆選手インタビュー(GROWINGへ)

 高橋がバーディーラッシュを演じた。出だしの1番で残り79ヤードから、2番は残り190ヤードからともに1メートルにつけてバーディー。5番も残り180ヤードの左ラフから1メートル、6番も残り140ヤードから3メートルにつけて伸ばした。後半もショットが冴え、茨城GC東Cでは15年のイ・ボミ、16年のレキシー・トンプソンに並ぶ大会記録。ラウンド後は「嬉しいですね。今日は100ヤード以内の精度がとてもよくて早い段階で伸ばせたので、予選カットを気にせず伸び伸びプレーできた」とコメントし、こう続けた。

「昨日はボギーが多かったので、ボギーを打たないように心がけた。試合をして少しずつ成長していると思う。今週は自宅から通っていて(地元の新潟から)愛犬を連れてきているので和めています。メスで、犬種はトイプードルのセナです。父がアイルトン・セナからつけました」

 渋野日向子らと同じ1998年度生まれの黄金世代。今年は前週までの9試合で首位発進が2度、2位発進が1度と好スタートを繰り返し、3週前は第2日に首位に立った。しかし、最終日に崩れて15位。9試合で3位が2度あったが、黄金世代10人目の優勝には届いていない。前週は予選落ちしたが「調子が悪くて落ちたわけではないので気にしてない。(予選落ち後の)日曜はコーチがたまたま近くのコースでレッスンしていたので入れてもらった」とアドバイスをもらい、右向き気味だったスイングを修正した。

 アマチュア時代は2016年の日本女子アマを制すなど活躍した22歳。「トップ10を目標にすることで重苦しい感じが減って、前よりは気楽にゴルフができるようになった。まだ2日ある。メジャーのセッティングで何があるかわからないので、一打、一打集中したい」と活躍を誓った。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集