[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、膝元ライン上“渾身99マイル”に米喝采「凄い球だ!」「自分が打者なら…」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が5日(日本時間6日)、レイズ戦で今季4度目の先発登板。6回途中1安打無失点だったが、降板後に逆転されたため2勝目とはならなかった。6四球と苦しみながらも、7奪三振の力投。米投球専門家は大谷が低めいっぱいの99マイル(約159キロ)で見逃し三振を奪ったシーンを動画で公開。米ファンからは「凄いボールだ!」「自分が打者だったら…」などとコメントが書き込まれている。

レイズ戦に先発登板したエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
レイズ戦に先発登板したエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

レイズ戦で6回途中無失点、7奪三振の力投

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が5日(日本時間6日)、レイズ戦で今季4度目の先発登板。6回途中1安打無失点だったが、降板後に逆転されたため2勝目とはならなかった。6四球と苦しみながらも、7奪三振の力投。米投球専門家は大谷が低めいっぱいの99マイル(約159キロ)で見逃し三振を奪ったシーンを動画で公開。米ファンからは「凄いボールだ!」「自分が打者だったら…」などとコメントが書き込まれている。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 力のある一球だ。大谷は5回1死、打席のブランドン・ロウを2球で追い込むと、最後はセットポジションから渾身のストレートを投げ込んだ。唸り声も聞こえてきた投球は、画面に表示されているストライクゾーンの低めのラインにビタリ。球速99マイルの剛速球に、球審はストラックアウトをコール。3球で見逃し三振を奪った。

 実際の投球映像をMLB公式ツイッターが公開。「膝元に99マイル Sho-time」と文面につづった。米ファンからは「彼は本当にすごい。これは驚異的」「これは凄いボールだ!」「とにかく尊敬。投げて100点満点、打てばホームラン」「自分が打者だったらどうするかな」などと喝采が送られている。大谷は6回途中1安打無失点だったが、チームは7回に逆転を許し、そのまま1-3で敗れている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集