[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の反射神経を見よ 投直好捕“笑顔のグラブさばき”に米記者「GG賞の票も?」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、レイズ戦で今季4度目の先発登板。6回途中1安打無失点で、6四球を与えながらも7つの三振を奪った。3回には、強烈なピッチャーライナーを一度はグラブではじきながらも好捕。実際の映像を米記者が公開し、「ショウヘイはゴールドグラブの票も取ろうとしているのか???」などと注目されている。

レイズ戦で先発したエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】
レイズ戦で先発したエンゼルスの大谷翔平【写真:Getty Images】

レイズ戦に4度目の先発登板

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、レイズ戦で今季4度目の先発登板。6回途中1安打無失点で、6四球を与えながらも7つの三振を奪った。3回には、強烈なピッチャーライナーを一度はグラブではじきながらも好捕。実際の映像を米記者が公開し、「ショウヘイはゴールドグラブの票も取ろうとしているのか???」などと注目されている。

【特集】日本女子トップスイマーが泳ぐ意味 「次世代に一つの道を見せられたら」 / 競泳・大橋悠依選手インタビュー(GROWINGへ)

 フィールディングも見事だ。大谷の3回の投球。1死からメドーズが強烈なライナーを放った。打球は一瞬でマウンドに達したが、大谷は反応良くグラブを出した。ボールは一度グラブに収まったかのように見えたが、飛び出して宙に浮く。これを一塁側に移動しながらも、右手で掴んだ。

 大谷は右手でボールを差し出しながら、一塁へ向かっていたメドーズとも笑顔で何か言葉を交わした様子。実際の映像を米紙「ロサンゼルスタイムズ」のエンゼルス番ジャック・ハリス記者がツイッターに公開。文面には「ショウヘイ・オオタニがやり続ける」とつづった。

 また米ロサンゼルスのラジオ局「KLAA」の番組「エンゼルス・リキャップ・ポッドキャスト」でホストを務めるトレント・ラッシュ氏は「オオタニがライナーをグラブで取る。ボールは跳ねたがキャッチ」と詳細を伝え、「ショウヘイはゴールドグラブの票も取ろうとしているのか???」とツイッターに記載した。

「ロサンゼルスタイムズ」でエンゼルス、ドジャーズなどをカバーするマイク・ディジョバンナ記者もツイッターで「メドーズのライナーはエンゼルスの右腕ショウヘイ・オオタニのグラブを直撃。空中で跳ねたがオオタニは素手でつかみ取り2アウト。このプレー後、レイズのレフトと笑顔を交わす」と伝えていた。

 大谷は6回途中無失点で降板。7回にチームが逆転を許したため、今季2勝目とはならなかった。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集