[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、4回7K&7四死球 “怪投”を米記者は「不安定」も…「安打にするのは困難」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、本拠地のレンジャーズ戦に先発登板。中15日でのマウンドは4回1安打無失点、毎回の7三振を奪ったが、7四死球。球数80球で降板した。現地の記者は「不安定」としつつも、「彼の球を安打にするのは困難だった」と伝えている。

レンジャーズ戦に先発したエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
レンジャーズ戦に先発したエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

中15日での先発登板は4回80球で降板

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、本拠地のレンジャーズ戦に先発登板。中15日でのマウンドは4回1安打無失点、毎回の7三振を奪ったが、7四死球。球数80球で降板した。現地の記者は「不安定」としつつも、「彼の球を安打にするのは困難だった」と伝えている。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 走者は背負ったが、得点は許さなかった。初回1死から3連続四球で作ったピンチはスプリットで連続三振。2回以降も毎回走者を背負ったが、要所は抑えて切り抜けた。最速は97.7マイル(約157.2キロ)を計測。カーブも効果的に使ったが、事前に予定されていた球数に達したこともあり、4回を投げ切ったところで降板した。

 打者19人に対して7奪三振も、7四死球。安打以外で前に飛んだ打球は4つだけだった。この内容に米記者も様々な見解をツイートしている。

 米スポーツ専門局「ESPN」のレポーターのアルデン・ゴンザレス氏は「ショウヘイ・オオタニ:4回1安打6四球7奪三振で80球。彼は不安定で、ストライク率は46%だった。しかし、彼の球を安打にするのは本当に困難であった」と指摘。制球は乱したが、捉えるのは困難だったと評価している。

 米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」のファビアン・アルダヤ記者は「ショウヘイ・オオタニのコマンドはシーズンを通してみれば良くなっていくということは想像できる。2年間ほぼ投げなかったあとの16日ぶりの先発登板だったのだ。しかし、イニングを重ねるにつれて、どんどん良くなっていく彼を見ることができただろう」と尻上がりに調子を上げた投球を振り返っている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集