[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

松山支えた早藤キャディー「お辞儀は自然な事」 米メディアに明かす“美しき一礼”秘話

男子ゴルフの松山英樹(LEXUS)はマスターズで日本人男子悲願の海外メジャー初優勝を果たした。松山を支えたキャディーの早藤将太さんは、最終18番のピンを返した後にコースに一礼。競技への敬意が垣間見えた所作に、海外ファンやメディアから大きな反響が集まっていたが、早藤さんが海外メディアに対して改めて“感動の9秒間”を振り返っている。

松山英樹とキャディーの早藤将太さん(右)【写真:AP】
松山英樹とキャディーの早藤将太さん(右)【写真:AP】

一礼が注目集めた早藤キャディーが米メディアに対して回想

 男子ゴルフの松山英樹(LEXUS)はマスターズで日本人男子悲願の海外メジャー初優勝を果たした。松山を支えたキャディーの早藤将太さんは、最終18番のピンを返した後にコースに一礼。競技への敬意が垣間見えた所作に、海外ファンやメディアから大きな反響が集まっていたが、早藤さんが海外メディアに対して改めて“感動の9秒間”を振り返っている。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 日本人男子初の栄光にたどり着いた松山の栄光とともに、傍で支え続けた早藤さんも世界的な注目を集めた。「ヒデキ・マツヤマのキャディー、ショウタ・ハヤフジがマスターズの一礼について語る」と特集したのは米ゴルフ専門メディア「キャディー・ネットワーク」だった。

 最終18番でピンを返した後にコースに一礼する姿はSNSやインターネット上で感動の輪を広げた。記事では「もしも、あなたがマスターズか先週のゴルフ関連のツイッターを見ていたら、ヒデキ・マツヤマのキャディー、ショウタ・ハヤフジが敬意に満ちた所作で、18番のピンを握り、脱帽した後で、オーガスタナショナルのコースに一礼する素晴らしい映像を間違いなく目にしたことだろう」と記している。

 米地元テレビ局がツイートした動画は、270万回以上再生されたことを紹介。2021年マスターズの名場面として国際的な注目を浴びることになったが、早藤さんは改めて当時の心境を松山の通訳のボブ・ターナーさんを通じてこう語ったという。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集