[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

パター破壊で物議の韓国選手 今度は“60秒後カップイン”で話題「笑い誘うものに」

米男子ゴルフのRBCヘリテージは17日(日本時間18日)、3日目が行われた。珍事に見舞われたのはキム・シウ(韓国)。グリーンの外からパターで狙ったが、ボールがカップの縁ぎりぎりで停止。約1分後にカップインした。本人は歓喜しギャラリーからも喝采が起きたが、“10秒ルール”によって1打罰となった。実際の映像をPGAツアーが公開。米ファンからは同情が寄せられていたが、米メディアでも報じられている。

キム・シウ【写真:Getty Images】
キム・シウ【写真:Getty Images】

キム・シウのパットはカップ縁で停止→約1分後にカップイン…米メディアも続々報道

 米男子ゴルフのRBCヘリテージは17日(日本時間18日)、3日目が行われた。珍事に見舞われたのはキム・シウ(韓国)。グリーンの外からパターで狙ったが、ボールがカップの縁ぎりぎりで停止。約1分後にカップインした。本人は歓喜しギャラリーからも喝采が起きたが、“10秒ルール”によって1打罰となった。実際の映像をPGAツアーが公開。米ファンからは同情が寄せられていたが、米メディアでも報じられている。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 ルールとはいえ悲運だ。3番ホール。カップまでの距離は約10メートル。グリーンの外から、キムはパターで狙った。上って下る難しいラインだったが、絶妙なタッチでカップへ向かった。わずかに届かない。カップの縁ギリギリでボールが止まった。

 ここからだ。ボールはカップに落ちそうで落ちない。ほんのわずかだが、動いているように見える。当事者のキムはしゃがみこみ、同伴競技者のマット・クーチャー(米国)も近付いてきてボールを凝視している。そして55秒後だ。ボールがカップに落ちた。その瞬間、みるみる笑顔になるキム。そしてギャラリーからは大歓声が沸き起こっていた。

 見事なバーディーかと思われたが、ボールが入ったかどうかを確認できるのは「10秒まで」と定められた“10秒ルール”を大きく超えていたため1ペナルティとなった。競技委員からルールを説明されると、キムは一転、表情を曇らせていた。

 前週のマスターズではパター破壊で物議を醸したキム。実際の一部始終をPGAツアーの公式インスタグラムが動画付きで公開。「パーまで長く待った」と添えた投稿が大きな反響を呼んでいたが、米メディアでも次々と報じられている。

 米紙「USAトゥデー」のゴルフ専門サイト「ゴルフウィーク.com」では「RBCヘリテージでキム・シウのバーディーパットは最終的には成功したが、取り消された」との見出しで取り上げている。

 本文では「土曜のRBCヘリテージ第3ラウンド3番ホールで、グリーンから放たれたキムのパットは32フィートの距離があったが、完璧なスピードと曲がり具合でホールに近づいた。1分後、ボールはホールに落ち、キムは喝采を浴びた。彼も笑顔だった」と描写。さらには「しかし、ルール担当者がやってきて、キムに悪い知らせを伝えなくてはいけなかった。入るまでの時間がかかりすぎたので、ペナルティストロークが与えられた」と続けている。

 米専門誌「ゴルフダイジェスト」でも「キム・シウはここ数週間、ゴルフ・ツイッター・マシーンと化している。マスターズでは怒ってパターを打ちつけ破壊。第2ラウンドの最終3ホールを3ウッドを使って回らなければならなかった」と先週を回想しつつ、今回のシーンについては「土曜日のRBCヘリテージでのキムのパターは、どこか笑いを誘うものになったが、それでもキムにとってはアンランキーな出来事のままだった」などと注目を寄せている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集