[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

捕れる捕手も凄い!? 速球王の161kmシンカーに米唖然「現実世界か?」「20回は見た」

米大リーグ、カージナルスのジョーダン・ヒックス投手は人類最速の169キロを誇ることで知られているが、100マイル(約161キロ)でさらに鋭く変化するシンカーを投じ、衝撃を生んでいる。実際の映像を米国の名物セレブが公開。米ファンの度肝を抜いている。

カージナルスのジョーダン・ヒックス【写真:Getty Images】
カージナルスのジョーダン・ヒックス【写真:Getty Images】

人類最速右腕の1球が衝撃生む

 米大リーグ、カージナルスのジョーダン・ヒックス投手は人類最速の169キロを誇ることで知られているが、100マイル(約161キロ)でさらに鋭く変化するシンカーを投じ、衝撃を生んでいる。実際の映像を米国の名物セレブが公開。米ファンの度肝を抜いている。

【注目】熱戦続くJリーグ見るならDAZN! 今なら1か月無料のDAZN入会はこちらから

 こんなボール、どう打てばいいのか14日(日本時間15日)のナショナルズ戦、6回2死一、三塁の場面だ。ヒックスが投じた2球目だった。低めへの100マイルは右打者・ジマーマンの手元で変化。内角へ切れ込みながら沈み込むように鋭く変化した。ジマーマンのバットは空を切る。衝撃的な1球だった。

 この100マイルシンカーに「ピッチングニンジャ」の愛称で知られ、現役の米大リーグ選手や米メディアからも多数フォローされている名物セレブのロブ・フリードマン氏が注目。自身のツイッターで動画付きで公開すると、米ファンからは「ただただ狂っている」「現実世界で起きていることなのか?」「モリーナも簡単に捕っているよな」「違法ですね」「18禁」「野球じゃなくてUFOだ」「物理的に不可能ではないのか?」「20回は見た」などと驚きの声が上がっている。

 また米紙「USAトゥデー」のスポーツ専門サイト「フォー・ザ・ウィン」でもこのボールにフォーカス。「カージナルスのジョーダン・ヒックスによる大暴れで不公平な100マイルのシンカー」と題した記事では、「水曜のナショナルズ戦でライアン・ジマーマンに対し、100マイルのシンカーを投じたが、その投球は本当にエゲツなかった」などと称賛している。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集