[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

松山英樹の1年後輩 「67」暫定首位の沖せいら「私も予選落ちばかりしてられない」

女子ゴルフの国内ツアー・KKT杯バンテリンレディスが16日、熊本空港CC(6501ヤード、パー72)で開幕した。ツアー未勝利の28歳・沖せいら(フリー)が6バーディー、1ボギーの67で回って5アンダー。ホールアウト時点で暫定ながら単独首位と好発進した。

暫定首位の沖せいら【写真:Getty Images】
暫定首位の沖せいら【写真:Getty Images】

KKT杯バンテリンレディスが開幕

 女子ゴルフの国内ツアー・KKT杯バンテリンレディスが16日、熊本空港CC(6501ヤード、パー72)で開幕した。ツアー未勝利の28歳・沖せいら(フリー)が6バーディー、1ボギーの67で回って5アンダー。ホールアウト時点で暫定ながら単独首位と好発進した。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 沖は出だしの10番でボギーを叩いたが、11番でバーディー。17番から3連続バーディーを奪うと、4番でも1つ伸ばした。3メートル前後のパットを多く入れて好スタート。「今回パターを重くした。それでショートパットが凄くよくなった。元々、重いパターを使って軽くしたらテンポが変わってしまった。それを重くしました」とパット好調のキーを明かした。

 男子ゴルフの海外メジャー・マスターズを制した松山英樹(LEXUS)は東北福祉大ゴルフ部時代の1学年先輩。快挙について、沖は「見ていましたが、もう何とも言えないプレーでしたね。18番の奥からのアプローチが凄い印象的です」と感動した様子。「(阿部靖彦)監督にもすぐに連絡して『おめでとうございます。私も予選落ちばかりしていられないので頑張ります』と送らせていただきました」と笑った。

 当時は「ボウリングが凄く上手だった記憶があります。何回かご一緒させていただきました。私も大学時代はやり込んでいたけど(松山の)スコアは280くらい出していたと思います。さすがに勝ったことはないです」と先輩との思い出を回顧。もちろん、ゴルフでも「練習量が全然違うと感じていました。いくつか教えていただいたけど、その時はパットで悩んでいて『フォローを長く、低く出した方がいい』と言われた。ちょっと悪くなった時に思い出すようにしています」と助言に感謝した。

 今季は最終予選会15位の権利で出場中。先輩の勢いに乗せられて初優勝を目指す。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集