[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「韓国ではやらない」 42歳李知姫も初体験の恒例行事とは「優勝した気持ちになれる」

女子ゴルフの国内ツアー・KKT杯バンテリンレディスは16日から3日間、熊本空港CC(6501ヤード、パー72)で行われる。前回2019年大会女王の李知姫(アイザック)は練習ラウンドで最終調整。ディフェンディングチャンピオン恒例の「記念植樹」を行った。

李知姫【写真:Getty Images】
李知姫【写真:Getty Images】

16日開幕KKT杯バンテリンレディス

 女子ゴルフの国内ツアー・KKT杯バンテリンレディスは16日から3日間、熊本空港CC(6501ヤード、パー72)で行われる。前回2019年大会女王の李知姫(アイザック)は練習ラウンドで最終調整。ディフェンディングチャンピオン恒例の「記念植樹」を行った。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 ツアー通算23勝の42歳も経験がない。李は会場内で優勝記念の植樹を行った。「初めてです。韓国ではないですね。練習に行く道に(自分が植える場所が)あったので嬉しかったです。優勝したんだって気持ちになれたので」と笑った。

 2002年からシード選手となって20年目。2003、08、11年に賞金ランク2位に入るなど、長年活躍を続けている。「モチベーションは優勝を目指したい気持ち。一番は優勝だと思います。まず1勝したい気持ちはあります」と気持ちを奮い立たせてきた。22、23歳の黄金世代を中心に、若手が次々と台頭しているが、後悔のないようにゴルフと向き合っている。

「やれる時まで最後まで頑張ってやりたいと思っている。あと何年かしかできないと正直思っているので、逆に凄く頑張れる。体もきつくなると思うので、『あの時やればよかったな』とならないようにやっています。若い時はこんなに長くやると思っていなかった。

 22歳の時は30歳の先輩たちが凄いと思った。30歳でもできるんだと。私にはできないと思っていたけど、すぐに30歳になった。今度は35歳の人が凄いと思ってやっていたけど、またすぐに35歳になって(笑)。40歳にもすぐになった(笑)。私が一番上になったのかと。まだ頑張ろうと思います」

 前回大会から優勝が遠ざかっているが、20-21年シーズンの賞金ランクは25位。今年は5戦中2度の予選落ち、最高43位と苦戦しているだけに「最近はショットの調子が上がっていないのでメンタル的にきつい」と明かしつつ「いいプレーができるように頑張りたいと思います」と早いうちに24勝目を獲りに行く。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集