[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

松山英樹は「なんて根性だ!」 10度目で掴んだマスターズVに海外記者「次世代を感化」

米男子ゴルフの海外メジャー初戦・マスターズ最終日は11日(日本時間12日)、米ジョージア州のオーガスタ・ナショナルGC(7475ヤード、パー72)で行われた。4打差の首位で出た松山英樹(LEXUS)が4バーディー、5ボギーの73で回り、通算10アンダーで初優勝。日本男子初の海外メジャー優勝、アジア人初のマスターズ制覇を成し遂げた。海外記者も「なんて根性!」「ゴルフは日本で大人気となる」などと反応している。

悲願のマスターズ初優勝を果たした松山英樹【写真:AP】
悲願のマスターズ初優勝を果たした松山英樹【写真:AP】

マスターズ最終日、松山が日本男子初の海外メジャー制覇

 米男子ゴルフの海外メジャー初戦・マスターズ最終日は11日(日本時間12日)、米ジョージア州のオーガスタ・ナショナルGC(7475ヤード、パー72)で行われた。4打差の首位で出た松山英樹(LEXUS)が4バーディー、5ボギーの73で回り、通算10アンダーで初優勝。日本男子初の海外メジャー優勝、アジア人初のマスターズ制覇を成し遂げた。海外記者も「なんて根性!」「ゴルフは日本で大人気となる」などと反応している。

【特集】最強ペアが語るシャトルを打つ魅力 競技生活で大切にしてきた考え方とは / バドミントン・福島由紀選手、廣田彩花選手インタビュー(GROWINGへ)

 松山の快挙が海外にも大きなインパクトを与えている。8、9番で連続バーディーを奪うなど、2位との差を5打に広げて前半を終える。後半15番パー5で2打目がグリーンをオーバーし、池に入れてしまいボギー。16番もボギーとしたが、正念場の17番はパーセーブ。最終18番はボギーだったが、リードを守り切った。優勝セレモニーでのスピーチでは「Thank You!」などと高らかに感謝を述べ、笑いを誘っていた。

 マスターズは10度目。海外メジャーは33度目の出場だった松山。オーストラリアのゴルフ専門誌「ゴルフダイジェスト」に寄稿するエビン・プリースト記者は自身のツイッターに「これは、マスターズを制した初の男子選手が生まれた、日本にとって記念すべきもの」とつづり、「ヒデキ・マツヤマは次世代のゴルファーを感化した。ゴルフは日本で大人気となるだろう」と日本にとって大きな偉業だと伝えた。

 米専門メディア「ゴルフ.com」のショーン・ザック記者は「日本時間午前8:04、ヒデキ・マツヤマがアジア出身選手として初めてグリーンジャケットを獲得した。冷静で、並外れたパフォーマンスだった」とツイートした。

 米専門局「ゴルフチャンネル」の番組でホストを務めるメラニア・コリンズ氏もツイッターで反応し「松山は日曜日に一度もリードを失わなかった。マスターズ優勝へ向け、最後の数ホールはなんて根性だったか!」と感心。「ヒデキおめでとう。あなたはグリーンジャケットを自分の力で手にした!」と祝福の言葉をつづっていた。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
スポーツ×食オンラインセミナー
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集