[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、米記者が惜しむ初登板 一球が分けた明暗「捕手がキャッチしていたら…」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は、ここまで投打に実力を見せている。4日(日本時間5日)のホワイトソックス戦ではメジャー118年ぶりとなる「2番・投手」で出場。打っては137メートル弾を放ち、投げては100マイル(約161キロ)を超える速球も投じたが、5回途中3失点で勝ち投手にはなれなかった。米記者は「彼の競争的な側面が見られた場面だった」と、降板した場面を振り返っている。

大谷翔平【写真:AP】
大谷翔平【写真:AP】

米記者が118年ぶり「2番・投手」の出場試合を振り返る

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は、ここまで投打に実力を見せている。4日(日本時間5日)のホワイトソックス戦ではメジャー118年ぶりとなる「2番・投手」で出場。打っては137メートル弾を放ち、投げては100マイル(約161キロ)を超える速球も投じたが、5回途中3失点で勝ち投手にはなれなかった。米記者は「彼の競争的な側面が見られた場面だった」と、降板した場面を振り返っている。

【注目】本気で野球に挑戦する親子必見! 11月6日オープン、日本最大級野球スキル動画配信サービス「TURNING POINT」とは

 大谷は投打同時出場したホワイトソックス戦、投手として2点リードの5回2死二、三塁で、相手の4番モンカダを三振に仕留めたかに思えた。しかし、捕手スタッシーが内角に落ちたスプリットを捕球できず。振り逃げを防ぐための一塁送球も逸れ、3-3の同点となってしまった。大谷は本塁ベースカバーに入った際に走者アブレイユとの接触もあった。この直後に降板。勝利投手の権利を目前で逃していた。

 米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」のファビアン・アルダヤ記者は、自身がホストを務めるポッドキャスト番組「27TH HEAVEN」でこの場面について振り返っている。「オオタニは実際にはあのイニング(5回)をしのいでいたはずだった。パスボールがなければ切り抜けていたわけだから」と語った。

 もし振り逃げがなければ5回2安打1失点だっただけに「(数字的に)見え方は全然違う。もちろん5四球は良くないけど」と残念がっている。同番組には「ジ・アスレチック」などで執筆していたブレント・マグワイア記者もゲスト参加。「捕手がキャッチしていたら、我々はこの会話をしていないだろうね」と同じく最後のシーンを振り返っていた。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集