[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、米記者が惜しむ初登板 一球が分けた明暗「捕手がキャッチしていたら…」

大谷の表情にも注目「昨季は正直あまり見られなかった」

 マグワイア記者は、「マドン監督がオオタニを5回に投げさせたのは、彼に勝ちを与えるためだったと思う。我々は、勝ち星を投手の評価基準と考えるのが良いアイディアではないことは分かっているけれど、オオタニにとっては大きなことだった」と大谷が2018年以来となる「1勝」を得ることが大事だったと推測している。

 一方アルダヤ記者は「厳しい状況を切り抜けることで最高の選手になる機会を与えるためだったと思う」と追いつかれる前に降板しなかったことに言及している。「状態が万全なら、持っているものは野球界で最高の選手。精神的にも身体的にもああいう状況を自ら突破することで、最高の選手になれる。投手としてそういう機会が少なかった」と“投手・大谷”の能力を引き出すための経験であった可能性を指摘している。

 また、アルダヤ記者はベースカバーで走者アブレイユと接触した場面に注目。「ショウヘイはアブレイユと衝突した後、もう1人投げたいと言ったようだ。でもマドン監督はこれで終わりだと。彼の競争的な側面が見られた場面だった。2018年以来、感情的な場面はほとんど見ていなかったように思う」と、大谷の気迫を感じられたシーンだったとしている。

 大谷の表情についてはマグワイア記者も注目しているようで「ここまでオオタニの、ミームになりそうな顔をたくさん見ている。開幕からのチームのエンゼルスのトレンドかもしれない。昨季は正直あまり見られなかったけれど、今季は興奮する様子がたくさん見られ、オオタニはその部分でチームのリーダーのようになっている気がする」と語っていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
フクヒロペアが選んだのは、ワコールのスポーツブラでした。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集