[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、160km超&137m特大弾に米記者から漏れるため息「どうすればこれが現実なの」

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は4日(日本時間5日)、本拠地・ホワイトソックス戦で「2番・投手」で出場。投手として初回を無失点に抑えた後、初回の第1打席で2試合ぶりの2号弾を放った。公式戦で“リアル二刀流”を体現する大谷に対して、現地の記者からは次々と感嘆が漏れている。

1回裏に先制本塁打を放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
1回裏に先制本塁打を放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

ホワイトソックス戦に「2番・投手」で出場

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は4日(日本時間5日)、本拠地・ホワイトソックス戦で「2番・投手」で出場。投手として初回を無失点に抑えた後、初回の第1打席で2試合ぶりの2号弾を放った。公式戦で“リアル二刀流”を体現する大谷に対して、現地の記者からは次々と感嘆が漏れている。

【特集】人馬が築く信頼関係 言葉を超えたコミュニケーションで目指す共通のゴール / 馬術・戸本一真さんインタビュー(GROWINGへ)

 投げて、打って、大谷が文字通り二刀流で躍動した。投げては100マイル(約161キロ)を超えるファストボールとスプリットで相手打線を抑え、打撃では初回に飛距離137メートル&打球速度185キロ超の超速ライナー弾。これにツイッター上の米記者からも驚きの声が上がっている。

 米スポーツ専門局「CBSスポーツ」のダニー・ヴィエッティ記者は「ショウヘイ・オオタニは100マイル超えの投球と450フィート超えの本塁打を同じイニングに記録したMLB史上初の選手に。この記録に関しては、リサーチする必要すらない」と驚きをもってツイートしている。

 さらに米野球データ会社「ファングラフ」のデビン・フィンク記者も「ショウヘイ・オオタニはどう存在してるんだ? どうすればこれが現実なんだ」と驚きを通り越して呆れるように綴れば、MLB公式サイトのダレン・ウィルマン氏も「115マイルの強打ができて、100マイルのボールを投げられる能力を持っているのを想像してみてよ。ショウヘイ・オオタニは信じられない選手だ」と衝撃の大きさを伝えている。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集