[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、打球速度185.4kmはエンゼルス史上最速弾 “リアル二刀流”でトラウト超え

米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は4日(日本時間5日)、本拠地・ホワイトソックス戦で「2番・投手」で“リアル二刀流”出場。投手として初回を無失点に抑えた後、初回の第1打席で2試合ぶりの2号弾を放った。飛距離137メートルの特大弾をエンゼルスが公式ツイッターで動画付きで速報。現地では衝撃が広がっている。

1回裏に先制本塁打を放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
1回裏に先制本塁打を放ったエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

ホワイトソックス戦に「2番・投手」で出場

 米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平投手は4日(日本時間5日)、本拠地・ホワイトソックス戦で「2番・投手」で“リアル二刀流”出場。投手として初回を無失点に抑えた後、初回の第1打席で2試合ぶりの2号弾を放った。飛距離137メートルの特大弾をエンゼルスが公式ツイッターで動画付きで速報。現地では衝撃が広がっている。

【特集】人馬が築く信頼関係 言葉を超えたコミュニケーションで目指す共通のゴール / 馬術・戸本一真さんインタビュー(GROWINGへ)

 打者・大谷が目の覚めるような一発で、投手・大谷を援護した。初回を無失点に抑えた直後、初回1死で迎えた第1打席だ。右腕シーズの初球を一振りで仕留めた。高めに浮いてきた97マイル(156キロ)を完璧に捉えた打球は右翼方向へ高々と舞い上がる。そしてあっという間に、右翼席中段に着弾した。

 MLB公式サイトのデータ解析システム「スタットキャスト」によると、飛距離は137メートル、打球速度は115.2マイル(約185.4キロ)という一発。特筆すべきは打球速度だ。スポーツ専門局「FOXスポーツ」のMLB専門アカウントのツイッターではこう説明を加えている。

「オオタニの今夜の本塁打はスタットキャストが導入されてから(2015年以来)エンゼルスの選手が放った最も強打の本塁打だった。1位ショウヘイ・オオタニ:115.2マイル。2位マイク・トラウト:115マイル」

 トラウトが放った115マイル弾を抜く、エンゼルス史上最速の一撃だった。これを投げながらやってのけるのだから、驚くべき男だ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集