[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「日本記録更新と東京五輪のメダルが目標」 富士通入社の橋岡優輝が会見で意気込み

男子走り幅跳びで19年世界選手権8位入賞の橋岡優輝(日大)が、新たな環境で東京五輪を目指す。富士通陸上競技部は31日、4月から新たに加入する6選手のオンライン記者会見を行った。東京五輪への出場と、そこでの飛躍が期待されている橋岡は「明日から社会人になる。より一層、自覚を持ち、社会貢献など様々なことにチャレンジしたい。今シーズンは、屋外の日本記録の更新と、五輪でのメダル獲得が第一目標。チームにバックアップしてもらいながら、世界に羽ばたいていこうと思う」と社会人生活のスタートを切る心境を語った。

橋岡優輝【写真提供:富士通陸上競技部】
橋岡優輝【写真提供:富士通陸上競技部】

名門・富士通から世界を目指す6選手がオンライン会見

 男子走り幅跳びで19年世界選手権8位入賞の橋岡優輝(日大)が、新たな環境で東京五輪を目指す。富士通陸上競技部は31日、4月から新たに加入する6選手のオンライン記者会見を行った。東京五輪への出場と、そこでの飛躍が期待されている橋岡は「明日から社会人になる。より一層、自覚を持ち、社会貢献など様々なことにチャレンジしたい。今シーズンは、屋外の日本記録の更新と、五輪でのメダル獲得が第一目標。チームにバックアップしてもらいながら、世界に羽ばたいていこうと思う」と社会人生活のスタートを切る心境を語った。

【特集】人馬が築く信頼関係 言葉を超えたコミュニケーションで目指す共通のゴール / 馬術・戸本一真さんインタビュー(GROWINGへ)

 橋岡は、2018年のU20世界選手権、19年のアジア選手権を優勝するなど飛躍。同年の世界選手権で8位入賞を果たし、東京五輪に向けて注目度が高まっている。3月の日本陸上競技選手権大会・室内競技で8メートル19の室内日本記録を樹立し、五輪イヤーも好スタート。社会人としての初戦は、4月29日に広島広域公園で行われる織田幹雄記念国際大会を予定しており「8メートル32の自己記録を超えることを目標にしたい」と意気込みを語った。踏み切り時に地面からの反発を受け切れていないことを課題とし、さらなる成長を期す。

 両親は、ともに元陸上競技選手。父の利行さんは男子棒高跳びで、母の直美さん(旧姓:城島)は三段跳び、100メートルハードルで、元日本記録保持者。陸上界のサラブレッドとして注目される部分もあり「五輪に出場することで、やっと、しっかりと両親を超えて世界のトップに近付くのかなと思ってはいます」と大舞台での自身の実力アピールを誓った。

 橋岡のほかにも、福島正監督が「それぞれが将来性を秘めた選手」と期待を込める選手が新たに加入。男子棒高跳びで19年世界選手権出場の江島雅紀(日大)は「競技力の向上だけでなく、棒高跳びの普及にも取り組みたい。そのためにも五輪や世界選手権に出場し、100メートル走や走り幅跳びのように、身近に感じてもらえるように精進したい」と話し、織田記念から東京五輪参加標準記録5メートル80のクリアを目指す意気込みを示した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集