[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「ああ、私はもうダメです」 コロナ禍のシェルバコワ初V、ロシア五輪王者が涙した

フィギュアスケートの世界選手権女子シングルが26日までスウェーデン・ストックホルムで行われ、アンナ・シェルバコワ(ロシア)が初優勝した。28日に17歳となった新女王。解説者としても有名な母国の五輪金メダリストは涙を流して感動したという。ロシアメディア「championat.com」が報じている。

世界選手権で優勝したアンナ・シェルバコワ【写真:AP】
世界選手権で優勝したアンナ・シェルバコワ【写真:AP】

五輪男子シングル金メダルのヤグディン氏「彼女の病気後の困難を知っている」

 フィギュアスケートの世界選手権女子シングルが26日までスウェーデン・ストックホルムで行われ、アンナ・シェルバコワ(ロシア)が初優勝した。28日に17歳となった新女王。解説者としても有名な母国の五輪金メダリストは涙を流して感動したという。ロシアメディア「championat.com」が報じている。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 同メディアは「ヤグディン氏がテレビの中継でシェルバコワの滑走後、泣き始めた」と記事を掲載。ソルトレイクシティ五輪男子シングル金メダリストのアレクセイ・ヤグディン氏が、大会の中継中に涙を流していたことをこう報じている。

「フリーでアンナ・シェルバコワの金メダルの演技に感情的に反応した。話の間に彼は涙を流し、ポーズをとった」

 シェルバコワは昨年11月、肺炎を治癒させて臨んだロシア選手権で3連覇。母国メディアには、38度の熱が出ていたが、新型コロナウイルス検査は陰性だったと伝えられていた。そんな状況を踏まえ、ヤグディン氏は初優勝を遂げた姿に感動したようだ。同メディアは国営放送の中継で同氏が語った内容を掲載。感情を露わにしたようだ。

「ああ、私はもうダメです。彼女がどのような困難を乗り越えて今シーズンを過ごしてきたか、我々は知っています。私たちはこれについて話しませんでしたが、彼女が病気の後に回復していくのがどれだけ困難だったかを知っています。アスリートは自身のフィジカルの状態に泣き言を漏らす人ではありません。もし、競争しに来たのなら、出場して『やりなさい』という世界です」

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集