[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

日韓戦0-3惨敗「認めなければいけない」 韓国主将が落胆「闘争心を出したかったが…」

サッカー日本代表は25日、日産スタジアムで韓国代表と対戦し、3-0で勝利した。国際親善試合としては10年ぶりの日韓戦に完敗した韓国の主将DFキム・ヨングォンは、試合後の会見で「日本は非常に手堅かった」「非常に悔しい」などと落胆していたようだ。海外メディアが伝えている。

日本に敗れ険しい表情のキム・ヨングォン【写真:Getty Images】
日本に敗れ険しい表情のキム・ヨングォン【写真:Getty Images】

日韓戦の思わぬ大差に「学ばなければならない」

 サッカー日本代表は25日、日産スタジアムで韓国代表と対戦し、3-0で勝利した。国際親善試合としては10年ぶりの日韓戦に完敗した韓国の主将DFキム・ヨングォンは、試合後の会見で「日本は非常に手堅かった」「非常に悔しい」などと落胆していたようだ。海外メディアが伝えている。

【特集】心を一つにつかんだ銀メダル 栄光に続くチームビルディングとは / バスケットボール・髙田真希選手インタビュー(GROWINGへ)

 日本の完勝だった。前半16分にDF山根視来が代表初ゴールを決めると、同27分にはMF鎌田大地が右足で得点。後半38分には遠藤航がセットプレーからヘディングでダメ押しゴール。伝統の日韓戦は、終わってみれば3-0の大差決着となった。

 米国の韓国人向け新聞「ザ・コリア・タイムズ」は「奮闘も落胆。韓国代表主将、親善試合日本戦の敗北を認める」と題して記事を掲載。主将のキムが試合後の会見で「とてつもなく悔しい。しかし、そこは認めなければいけない」「日本と同じくらい良いプレーができなかったのは事実。しかし、親善試合はまだ続く。この敗戦から学ばなければならない」とコメントしたことを伝えている。

 記事によると、キムは「日本は非常に手堅く、彼らのサッカーを通し、狭いスペースで激しいプレスをかけてきた。彼らがそのやり方でくると分かったが、それを止めることができなかった」と話したという。

 さらに、チームに必死さが欠けていたのではないかという指摘に対して「僕自身も残りの選手も含めて、この試合では闘争心を出したかった。強い気持ちで相手を圧倒しなければと思っていた。しかし、どういうわけかそれができなかった。非常に悔しい」と精神面で上手く試合に入れなかったことを明かしたようだ。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集