[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平の“打撃分布図”に興味深い傾向 米記者「忘れてほしくないが、彼は左打者」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は25日(日本時間26日)、ロッキーズとのオープン戦に「2番・指名打者」で先発出場。第1打席でソロ本塁打を放つなど3打数1安打1打点だった。第5号は左翼ポール際への一発。現地記者は打球のスプレーチャートを公開し、逆方向への打球が多いことに注目している。

大谷翔平【写真:Getty Images】
大谷翔平【写真:Getty Images】

今季オープン戦の打球方向に注目

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手は25日(日本時間26日)、ロッキーズとのオープン戦に「2番・指名打者」で先発出場。第1打席でソロ本塁打を放つなど3打数1安打1打点だった。第5号は左翼ポール際への一発。現地記者は打球のスプレーチャートを公開し、逆方向への打球が多いことに注目している。

【特集】人馬が築く信頼関係 言葉を超えたコミュニケーションで目指す共通のゴール / 馬術・戸本一真さんインタビュー(GROWINGへ)

 これも大谷の持ち味か。初回1死の第1打席だ。左腕ゴンバーが高めに投じた速球を振り抜く。左翼ポール際へ高々と上がった打球は、そのまま芝生席へ着弾。逆方向への一撃に、実況席からも「信じられない!」と驚きの声が出た。大谷はゆっくりとダイヤモンドを1周。味方とタッチをかわした。

 この一発から、改めて大谷の逆方向への打撃が注目されている。MLB公式サイトのアンドリュー・サイモン記者は、今季オープン戦のスプレーチャート(分布図)をツイッターで公開。これによると、今季ライト方向へ放った安打は1本だけ。バックスクリーンへの140メートル弾2発を含め、安打のほとんどがセンターからレフト側に放たれていることが分かる。

「忘れてほしくないのが、彼は左打者だということだ」と文面につづったサイモン記者のほか、ロサンゼルス地元紙「オレンジ・カウンティ・レジスター」のエンゼルス番ジェフ・フレッチャー記者も「ショウヘイ・オオタニが5号本塁打を左翼ポール際に放った。5本全てがレフトかセンター方向である」とツイートしている。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集