[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平を「最大限活用する方法」 休養日をいつにするのか、二刀流起用法を米紙考察

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が、23日(日本時間24日)に行われたレンジャーズとのオープン戦に「1番・指名打者」で出場し、3打数1安打1盗塁で10戦連続安打を放った。投打ともに期待が高まる今シーズン。米地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」は、二刀流の起用法について報じている。

ここまでのオープン戦で好調をキープしている大谷翔平【写真:Getty Images】
ここまでのオープン戦で好調をキープしている大谷翔平【写真:Getty Images】

二刀流大活躍の大谷翔平、鍵は打席数の確保か

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が、23日(日本時間24日)に行われたレンジャーズとのオープン戦に「1番・指名打者」で出場し、3打数1安打1盗塁で10戦連続安打を放った。投打ともに期待が高まる今シーズン。米地元紙「ロサンゼルス・タイムズ」は、二刀流の起用法について報じている。

【特集】人馬が築く信頼関係 言葉を超えたコミュニケーションで目指す共通のゴール / 馬術・戸本一真さんインタビュー(GROWINGへ)

 同紙は「エンゼルスの二刀流スター、ショウヘイ・オオタニを最大限に活用する方法」との見出しで記事を掲載。「エンゼルスの二刀流スターにとって投打の正しいバランスはどこにあるのか? 彼の価値を最大限高め、怪我と疲労から守る境界線はどこにあるのだろう」と起用法に注目している。

 オープン戦では打率.600、4本塁打、14回8奪三振と大活躍している。記事では、衝撃を与えた2018年に触れ「二刀流論争が3年後に再び議論されている」と現状を説明。「トミー・ジョン手術を受ける前の1年目の2か月間は、7試合に1回程度の割合で登板し、登板前日か2日前は打席に立たなかった。そして、登板日は打者として出場していない」と過去の起用法を紹介した。

 その上で「今年も同じようなスケジュールを組むとするなら、オオタニの打席数は約300打席ほどになってしまう。これはマドン監督にとっては避けたいシナリオだという」と今の活躍ぶりから想定すれば、もっと出場機会をつくるべきだと主張。ジョー・マドン監督のコメントも紹介した。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集