[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

羽生結弦は「何も失っていない」 好敵手チェンが驚き語る「むしろ良くなっている」

フィギュアスケートの世界選手権は24日、スウェーデン・ストックホルムで開幕する。大会3連覇を狙うネイサン・チェン(米国)は、日本代表として出場する五輪連覇王者・羽生結弦(ANA)の存在について「彼と競い合うことはいつも私にとっては大きな誇り」などと語っているという。AP通信が報じている。

羽生結弦【写真:AP】
羽生結弦【写真:AP】

世界選手権3連覇狙うチェン「会えることが楽しみ」

 フィギュアスケートの世界選手権は24日、スウェーデン・ストックホルムで開幕する。大会3連覇を狙うネイサン・チェン(米国)は、日本代表として出場する五輪連覇王者・羽生結弦(ANA)の存在について「彼と競い合うことはいつも私にとっては大きな誇り」などと語っているという。AP通信が報じている。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 2018、19年に続くV3を狙うチェンについて、AP通信は「チェンが世界選手権3連覇を狙うにあたっての2つの課題」との見出しで記事を掲載。大会3連覇となれば「米国男子ではスコット・ハミルトンが1984年に4大会連続優勝を果たして以来の快挙になる」と注目しつつも「しかし、彼の目の前には2つの課題がある」と記載している。

 課題の1つは「新型コロナウイルスの感染拡大による選手活動のブランク」とし、もう1つは「日本のユヅル・ハニュウの存在だ」と指摘している。

 記事ではこれについて語るチェンのコメントを紹介。コロナ禍の影響については「大会で多くのことを学べるので、大会が無いということは大きな損失だと考えています」と話し、「毎日練習はしていて、少しは安定しているのですが、自分が予想できないような妙な感覚を感じ取ることができません。大会が無いとそのようなリズムも失ってしまうのです」と試合がないことに不安も感じているようだった。

 一方、羽生については「いつものトレーニングベースで練習できないことがどれほど難しいか理解しています」と、カナダのブライアン・オーサーコーチのもとを離れて練習していることに言及。「なのに、彼がシャープで華麗な状態をキープしていることは本当に素晴らしいことだと思います。彼は何も失っていません。むしろ良くなっていると思います」と驚きを口にしたという。

 羽生とチェンが顔をそろえるのは、2019年12月のグランプリ(GP)ファイナル以来。チェンは「彼(羽生)に会えることを楽しみにしています。長い間、彼に会えていません。彼と競い合うことはいつも私にとっては大きな誇りなのです」と語っている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集