[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、捕手泣かせの“切れ込みスライダー”に米記者「エグい。これが決まるなら…」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が13日(日本時間14日)、特別ルールで行われたホワイトソックス戦でオープン戦2度目の先発登板。計2回1/3を投げて6安打5失点だった。この日奪った4つの三振映像をエンゼルスが公開。捕手が体勢を崩しながらもミットに収めたスライダーに、現地記者は「エグい。これが決まるなら大した投球だ」などと言及している。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

ホワイトソックス戦の4奪三振の映像をチームが公開

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が13日(日本時間14日)、特別ルールで行われたホワイトソックス戦でオープン戦2度目の先発登板。計2回1/3を投げて6安打5失点だった。この日奪った4つの三振映像をエンゼルスが公開。捕手が体勢を崩しながらもミットに収めたスライダーに、現地記者は「エグい。これが決まるなら大した投球だ」などと言及している。

【注目】インターハイ2021「できっこないを、やる夏だ。」 インターハイ応援プロジェクト特設サイトはこちらから

 結果は出なかったが、キレのあるボールも投じた。初回1死二塁、アブレイユから低めの落ちる球で三振を奪うと、続く左打者モンカダには、内角へスライダーを投じた。鋭く曲がる1球で空振り三振。変化が大きく、若干外寄りに構えていた捕手は体勢を崩しながらもキャッチした。大谷はベンチに戻る際、その動きを笑顔でマネする仕草も見せた。

 2回、3回にもそれぞれ変化球で三振を奪った大谷。実際の映像をエンゼルス公式ツイッターが公開。また、現地の記者はモンカダから三振を奪ったスライダーに注目している。米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」のファビアン・アルダヤ記者は「ショウヘイ・オオタニのエグいスライダー。これが決まるなら大した投球だ」と自身のツイッターにつづった。

 また「ジ・アスレチック」などで執筆していたブレント・マグワイア記者も自身のツイッターを更新。モンカダから空振りを奪った3球を動画で公開しながら「ショウヘイ・オオタニが全力を尽くす。モンカダへのこの(投球の)流れは…」と厳しい攻めをしたことを伝えていた。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集