[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

佐々木朗希はメンタルも怪物 登板直後の舞台裏、ロッテ広報カメラが捉えた第一声は…

プロ野球・ロッテの最速163キロ右腕・佐々木朗希投手が12日、中日とのオープン戦(ZOZOマリン)で実戦デビュー。2番手で登板し、1回無安打無失点と好投した。強打者ビシエドを152キロの直球で見逃し三振に仕留めるなど、堂々の投球を終えた直後の第一声を広報カメラが捉えていた。やっぱり“令和の怪物”なその一言とは……。

佐々木朗希【写真:Getty Images】
佐々木朗希【写真:Getty Images】

12日の中日戦で最速153キロをマーク、1回無失点デビュー

 プロ野球・ロッテの最速163キロ右腕・佐々木朗希投手が12日、中日とのオープン戦(ZOZOマリン)で実戦デビュー。2番手で登板し、1回無安打無失点と好投した。強打者ビシエドを152キロの直球で見逃し三振に仕留めるなど、堂々の投球を終えた直後の第一声を広報カメラが捉えていた。やっぱり“令和の怪物”なその一言とは……。

【特集】人馬が築く信頼関係 言葉を超えたコミュニケーションで目指す共通のゴール / 馬術・戸本一真さんインタビュー(GROWINGへ)

 19歳とは思えない強心臓だ。佐々木の実戦初登板。緊張で思うように体が動かなくなってもおかしくない中、2者を打ち取りビシエドと対戦。2ボール2ストライクと追い込んで、最後はアウトローへ152キロを投げ込んだ。見事なコースで見逃し三振。ビシエドは苦笑いだ。佐々木はグラブを軽く叩き、ベンチに戻る際には笑顔を見せた。

 三者凡退で登板を終えた佐々木。最速153キロをマークするなど、上々のデビュー直後を広報カメラが捉えていた。ベンチ裏のロッカールームに戻る際、佐々木は感想を尋ねられ「超楽しかったです」と話したのだ。臆する様子などない。実戦のマウンドでプロの打者と対戦できる事を、心から楽しんでいるようだった。

 球団公式YouTubeに公開されている実際の舞台裏映像では、前日は21時に就寝して備えたこと、登場曲に人気歌手「あいみょん」の曲を選んだことについてなど語っている。ついに実戦デビューを果たした剛腕。今後から目が離せない。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集