[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

昨年は予選落ちのつもりでホテル予約 森田遥が復活へ首位浮上「心がどうかしてた」

女子ゴルフの今年初戦ダイキンオーキッドレディスの第2日が5日、沖縄・琉球GC(6561ヤード、パー72)で行われ、全組が競技を終えた。4打差の8位で出た24歳の森田遥(新英ホールディングス)は7バーディー、1ボギーの66で回り、19歳・西郷真央(大東建託)と並ぶ通算10アンダーで首位に浮上した。

通算10アンダーで首位に浮上した森田遥【写真:Getty Images】
通算10アンダーで首位に浮上した森田遥【写真:Getty Images】

今年初戦ダイキンオーキッドレディス第2日

 女子ゴルフの今年初戦ダイキンオーキッドレディスの第2日が5日、沖縄・琉球GC(6561ヤード、パー72)で行われ、全組が競技を終えた。4打差の8位で出た24歳の森田遥(新英ホールディングス)は7バーディー、1ボギーの66で回り、19歳・西郷真央(大東建託)と並ぶ通算10アンダーで首位に浮上した。

【特集】人馬が築く信頼関係 言葉を超えたコミュニケーションで目指す共通のゴール / 馬術・戸本一真さんインタビュー(GROWINGへ)

 森田が優勝争いに名乗りを上げた。4番パー5は残り106ヤードの第3打を30センチにピタリ。バーディーを奪うと、7番パー5も75ヤードからピン手前3メートルにつけて伸ばした。後半は4バーディー、ボギーなし。「今日はショットの調子は悪くない。ピンを攻めるところと守るところを見極められた」と振り返った。

 2017年に初優勝し、賞金ランク13位にも入った実力者。しかし、昨年は13試合のうち10試合で予選落ちを経験した。苦しいシーズンを過ごし「よくない時期が長かったので不安を感じる方が多かったですね。メンタル的にも、いいショットが打てても悪いショットのイメージが残る」と吐露。ツアー中のホテルや移動の予約も「予選を通らないていでとってしまっていた」と弱気になった。

 昨年はコロナ禍で時間が増え、趣味のダンスに取り組んだり、愛犬のシェパードと一緒に走ったりして気分を変えた。「ゴルフだけを見るのではなく、人生の一つとしてゴルフがあるという見方をする。どうせなら楽しくやりたいと考えられるようになりました。それまでは心がどうかしていました」。もちろん、ゴルフでも基礎練習に立ち返って修正。公私のバランスがよくなり、本来の姿を取り戻しつつある。

「昨日、今日で自信がついたかなと思います。明日も同じように自分のペースでラウンドすることが一つの目標。去年と違ってギャラリーの方々もいる。見られていることが力になるタイプなので、有観客の試合が増えていくことを願っています。試合をする上でいろんな人にサポートをしてもらっているので、今年は感謝の気持ちを伝えたり、いいプレーをお見せしたいと思っています」

 2019年大王製紙エリエールレディスは第3日を終えて首位に立ったが、渋野日向子(サントリー)に優勝を譲った。絶好の位置で迎える決勝ラウンド。勝てば3年7か月ぶりのツアー通算2勝目となる。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集