[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、自己最長143m弾“発射の瞬間”に米ファン興奮「この男のスイングが大好き」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が3日(日本時間4日)、レンジャーズとのオープン戦に「2番・指名打者」で先発出場。5回の第3打席で中越えに特大2ランを放った。バックスクリーンを越える468フィート(約142.6メートル)の“今季1号”。インパクト直後の写真をエンゼルスが公開すると、米ファンからは「この男のスイングが大好き」などと興奮のコメントが寄せられている。

エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
エンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

レンジャーズ戦で特大弾、インパクト直後の写真を球団が公開

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が3日(日本時間4日)、レンジャーズとのオープン戦に「2番・指名打者」で先発出場。5回の第3打席で中越えに特大2ランを放った。バックスクリーンを越える468フィート(約142.6メートル)の“今季1号”。インパクト直後の写真をエンゼルスが公開すると、米ファンからは「この男のスイングが大好き」などと興奮のコメントが寄せられている。

【特集】競技復帰を決意させた東京パラリンピック 未来へ繋ぐ感謝のバトン / パラバドミントン・鈴木亜弥子さんインタビュー(GROWINGへ)

 特大弾の“発射地点”を撮影した。大谷が左バッターボックスでスイングをし、ボールがバットに当たった直後の瞬間だ。両手は伸びきっており、力が伝わるポイントで捉えているように見える。右足でしっかり壁を作り、体の軸もブレていない。右の頬はぷくっと膨らませている。

 オープン戦はいえ、大谷にとっては自己最長飛距離となる一発。インパクト直後の実際の写真を、エンゼルス公式インスタグラムが公開。文面に「OHtani」と驚き顔の絵文字入りで投稿した。

 米ファンからは「素晴らしいシーズンを送るだろう」「この男のスイングが大好きだ」「鍛えてきたんだよ!」「最もスイートなスイングだった」「本物だった。戻ってきた!」「支配のスイング」「フリーウェイまでかっ飛ばした」「『ビッグフライ』を待っていました」などと反響が寄せられている。

(THE ANSWER編集部)

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集