[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

大谷翔平、143m特大“今季1号”に米記者も衝撃「堂々たる風格」「ボールがかわいそう」

米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が3日(日本時間4日)、レンジャーズとのオープン戦に「2番・指名打者」で先発出場。5回の第3打席で中越え2ランを放った。バックスクリーンを越える468フィート(約142.6メートル)の“今季1号”に、米記者からは「堂々たる風格」「ボールにかわいそうなことをした」などと驚きの声があがっている。

レンジャーズとのオープン戦に先発出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】
レンジャーズとのオープン戦に先発出場したエンゼルスの大谷翔平【写真:AP】

レンジャーズとのオープン戦で中越え2ラン

 米大リーグ・エンゼルスの大谷翔平投手が3日(日本時間4日)、レンジャーズとのオープン戦に「2番・指名打者」で先発出場。5回の第3打席で中越え2ランを放った。バックスクリーンを越える468フィート(約142.6メートル)の“今季1号”に、米記者からは「堂々たる風格」「ボールにかわいそうなことをした」などと驚きの声があがっている。

【特集】人馬が築く信頼関係 言葉を超えたコミュニケーションで目指す共通のゴール / 馬術・戸本一真さんインタビュー(GROWINGへ)

 手応え十分の一発だ。大谷は2-1と1点リードの5回無死二塁、右腕クラウスが高めに投じた直球を捉えた。打球は快音を残してセンターへ。球場が歓声に包まれる中、高々と舞い上がったボールはバックスクリーンを越えていった。140メートルを超える特大2ラン。スイング直後に本塁打を確信していた様子の大谷は、悠々とダイヤモンドを1周した。

 実際の動画をエンゼルス公式ツイッターが公開。飛距離468フィート、打球速度107マイル(約173キロ)の一打に、現地の記者も続々と反応している。

 米スポーツ専門メディア「ジ・アスレチック」のファビアン・アルダヤ記者は「オオタニが、バックスクリーンの中央に突き刺す一発を放った」と自身のツイッターに記載。別の投稿で、大谷が試合後に語った言葉などを紹介しつつ「今回の本塁打は自信をつけさせるものだったという。上半身と下半身が上手く連動したスイングだったと(大谷は)感じていた」と伝えていた。

 また、米メディア「バースツールスポーツ」のジャレッド・カラビス記者は「ショウヘイ・オオタニはボールにとって、悪い(かわいそうな)ことをした」とツイート。米紙「ワシントン・ポスト」のチェルシー・ジョーンズ記者も「ショウヘイ・オオタニはボールを完璧にかっ飛ばした。堂々たる風格。バックスクリーン越え。驚き」とツイッターに記していた。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集