[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

元日本ハム外野手が現役時代に「ビビッた」衝撃No.1の選手「マジでバケモンだなと…」

「THE ANSWER」の連載「Restart――戦力外通告からの再出発」に登場し、現在はソニー生命保険株式会社でライフプランナーとして活躍する34歳・鵜久森淳志さん。インタビューの中で掲載できなかった現役時代の秘話を「こぼれ話」としてここで紹介する。

鵜久森淳志さん【写真:本人提供】
鵜久森淳志さん【写真:本人提供】

ライフプランナーとして活躍中、鵜久森淳志さんが明かす日本ハム時代の秘話

「THE ANSWER」の連載「Restart――戦力外通告からの再出発」に登場し、現在はソニー生命保険株式会社でライフプランナーとして活躍する34歳・鵜久森淳志さん。インタビューの中で掲載できなかった現役時代の秘話を「こぼれ話」としてここで紹介する。

【特集】人馬が築く信頼関係 言葉を超えたコミュニケーションで目指す共通のゴール / 馬術・戸本一真さんインタビュー(GROWINGへ)

 現役生活で最も印象に残る選手は誰か。プロ野球・日本ハムなどに所属した鵜久森さんに問うと、「ありきたりなことは言いたくないですが、大谷翔平はマジで凄かったです」と現エンゼルスの二刀流のエピソードを話してくれた。

 大谷が日本ハム入団1年目の2月。13年春季キャンプでプロ初の打撃投手を務めた時、鵜久森さんは打席に立った。「栗山監督に『ちょっと(打席に)立ってくれ』と言われて『えぇ!』と(笑)。嬉しい気持ちと、いきなりこんな速い球を打つのか……という気持ちでした。何も前に飛ばなかった覚えがあります」。18歳の怪物の球は、言うまでもなく速かった。

 また、1軍の試合で現在のZOZOマリンを訪れた際、打撃練習で大谷が放った特大の打球が外野席の屋根に付いたスピーカーを直撃したことがあったそうだ。「ビビりましたね。あれを見た時に、マジでバケモンだなと。プロ野球選手は大谷の打撃練習が始まると(見入ってしまって)動きが止まります」と当時を振り返った。

「あれは何も勝てないなと。投げても1番速いんじゃないかというところと、打っても1番飛ぶんじゃないかと。彼は人間性も素晴らしいし、スケール感が全然違う。あんなに全部が揃っている選手がいるのかと思いましたね」と大谷の全てを絶賛した。

(THE ANSWER編集部)

J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕

ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集