[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

2度の戦力外通告で転身 元日本ハム外野手が「野球より好きになった」仕事で生きる今

日本におけるプロスポーツの先駆けであり、長い歴史と人気を誇るプロ野球。数億円の年俸を稼ぎ、華やかにスポットライトを浴びる選手もいる一方、戦力外通告を受けて現役生活に終止符を打ち、次のステージで活躍する「元プロ野球選手」も多くいる。

14年間のプロ生活を送った鵜久森淳志さん【写真:本人提供】
14年間のプロ生活を送った鵜久森淳志さん【写真:本人提供】

連載「Restart――戦力外通告からの再出発」第2回、鵜久森淳志はライフプランナーに転身

 日本におけるプロスポーツの先駆けであり、長い歴史と人気を誇るプロ野球。数億円の年俸を稼ぎ、華やかにスポットライトを浴びる選手もいる一方、戦力外通告を受けて現役生活に終止符を打ち、次のステージで活躍する「元プロ野球選手」も多くいる。

 そんな彼らのセカンドキャリアに注目し、第二の人生で奮闘する球界OBにスポットライトを当てる「THE ANSWER」の連載「Restart――戦力外通告からの再出発」。第2回は日本ハム、ヤクルトで14年間のプロ生活を送り、現在はソニー生命保険株式会社でライフプランナーとして活躍する34歳・鵜久森淳志さん。

 愛媛・済美高時代から注目されたパワーヒッターは、顧客の送りたい人生をサポートするため日々の仕事に邁進している。球界とは全く畑違いとなる金融業界に転職を決意した経緯、今後の人生で成し遂げたい目標などを語ってくれた。(文=THE ANSWER編集部・宮内 宏哉)

 ◇ ◇ ◇

 東北・ダルビッシュ有(現パドレス)、横浜・涌井秀章(現楽天)ら“86年生まれ世代”が甲子園を沸かせた2004年。高校野球界に旋風を巻き起こしていたのは済美だった。名将・上甲正典監督率いる愛媛の新鋭校は、創部2年目で春のセンバツに初出場し、初優勝。夏も準優勝と躍進した。「4番・左翼」で打線を引っ張ったのが、鵜久森さんだ。

 あれから17年が経ち、34歳になった今、ビジネスマンとして活躍している。高校卒業後は04年ドラフト8位で日本ハムに入団。同期にはダルビッシュがいた。高校通算47本塁打の実績を引っ提げ、「将来の4番候補」と期待されたものの、ヤクルトを経て、31歳だった18年限りで現役引退。19年1月ソニー生命保険株式会社に入社し、現在は千葉・柏支社に勤めている。

 肩書は「ライフプランナー」。厳格な採用基準をクリアし、保険はもちろん、経済・金融・財務などに関する幅広い知識を兼ね備え、顧客に「どんな人生を送りたいか、どう生きたいか」を問いかけながら“共同作業”で未来を形作っていく仕事だ。

 189センチの恵まれた体に白いワイシャツをまとった元スラッガーは「もちろん保険の見直しなどの相談もありますが、『住宅の購入にあたって不安なんだ』とか、いろんな要望にお応えしながら、何が最善かを分析しています」と笑う。コロナ禍以前は、依頼があれば北海道から九州まで飛び回った。業務の合間には保険にまつわる勉強も欠かせない。多忙な日々を送るが、「お客様と話すのが凄く楽しい」と充実感を漂わせる。

「未来の4番候補」から「保険営業職」への転身。その過程に、どんなきっかけがあったのだろうか。影響を受けた人物が2人いる。

 日本ハムに所属していた2015年オフ。戦力外通告を受け、12球団の編成担当らの前で実力を披露する「トライアウト」を受験。その会場で、ある人物から名刺をもらった。現支社長の落合大輔さんだ。トライアウトは一般企業の採用担当者も体力や気力、継続力に優れるプロ野球選手という人材を求めて集まる。落合さんも、その1人だった。

 当時はヤクルトからオファーを受け、現役続行した。3シーズンを過ごしたものの、18年オフに2度目の戦力外通告。再びトライアウトに臨んだが、今度は獲得球団が現れず、大きな岐路に立たされた。この頃、定期的に連絡をくれていた落合さんに、改めて声をかけてもらった。ただ、直接的な誘いをされたのではない。問われたのは「どういう人生を送り、どういう生き方をしたいのか」。これが、転機になった。

1 2 3
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集