[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

16歳トルソワが語るプルシェンコの素顔 「彼はもうアスリートからコーチに変わった」

フィギュアスケートのアレクサンドラ・トルソワ(ロシア)が母国メディアのインタビューで、自身が師事する“皇帝”エフゲニー・プルシェンコ氏の素顔について語っている。

アレクサンドラ・トルソワとエフゲニー・プルシェンコ氏(右)【写真:Getty Images】
アレクサンドラ・トルソワとエフゲニー・プルシェンコ氏(右)【写真:Getty Images】

トルソワが母国メディアのインタビューで言及

 フィギュアスケートのアレクサンドラ・トルソワ(ロシア)が母国メディアのインタビューで、自身が師事する“皇帝”エフゲニー・プルシェンコ氏の素顔について語っている。

【注目】アスリートのあなたが資金支援を直接受けられる プロもアマも登録OK、スポーツファンとの新コミュニティサービス「チアスタ!」はこちら

 16歳のトルソワは昨年5月に「サンボ70」からプルシェンコ氏のアカデミーに移籍した。現役時代は“皇帝”の異名をとったプルシェンコ氏について、母国メディア「championat.com」のインタビューで口にしている。

 インタビュアーの「プルシェンコ氏はとても感情的にあなたの得点に反応します。キスアンドクライで彼の隣にいることはあなたにとってどれほど居心地の良いことなのですか?」という質問に対して、トルソワは「プルシェンコ氏といることで私はとても居心地が良いです。キスアンドクライだけではなく、概して、どんな時でも。私たちはとてもいいチームです」と話している。

 エテリ・トゥトベリーゼ氏のもとを離れてから半年以上が経過。トルソワにとって、プルシェンコ氏の存在は大きなもののようだ。さらに「頻繁に、コーチのプルシェンコ氏に中に、アスリートのプルシェンコ氏がちらりと現れますか?」という質問に対しては、トルソワはこう回答している。

「プルシェンコ氏は自分でジャンプを跳んだり、音楽に合わせて滑ることもできますが、練習のプロセスにおいて彼はコーチとして振る舞います。すべて詳しく説明して教えます。彼はもうアスリートからコーチに変わったのだと思います」

 今はもう“皇帝”ではなく、“指導者・プルシェンコ”となっているようだ。

1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
DAZN
VIOフェリエ
福士加代子も使っている。CW-X
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
#青春のアザーカット
THE ANSWER的「国際女性ウィーク」
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集