[THE ANSWER] スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

全豪V大坂なおみは「勇気をくれる」 準Vブレイディが称賛「若い女子たちが見てる」

テニスの全豪オープンは20日、女子シングルス決勝で世界ランク3位・大坂なおみ(日清食品)が同24位ジェニファー・ブレイディ(米国)を2-0(6-4、6-3)で破り、2年ぶり2度目の優勝を果たした。4大大会は昨年の全米オープンに続く連勝&通算4度目V。25歳のブレイディは初の4大大会決勝で準優勝に終わったが、試合直後に潔く勝者を称えた。

大坂なおみに敗れたジェニファー・ブレイディ【写真:AP】
大坂なおみに敗れたジェニファー・ブレイディ【写真:AP】

全豪OP決勝で大坂なおみに敗戦

 テニスの全豪オープンは20日、女子シングルス決勝で世界ランク3位・大坂なおみ(日清食品)が同24位ジェニファー・ブレイディ(米国)を2-0(6-4、6-3)で破り、2年ぶり2度目の優勝を果たした。4大大会は昨年の全米オープンに続く連勝&通算4度目V。25歳のブレイディは初の4大大会決勝で準優勝に終わったが、試合直後に潔く勝者を称えた。

【特集】「無理せず楽しく」ポジティブ思考の金メダリストが説くランニングのススメ / マラソン・野口みずきさんインタビュー(GROWINGへ)

 ブレイディは第1セットで粘りを見せたが、取り切れず。大坂のパワーテニスに対し、ロブショットなどでポイントを重ねる場面もあったが、及ばなかった。決勝後にコート上で行われたスピーチでは、こう切り出した。

「まず最初にナオミにおめでとうを伝えたい。グランドスラム優勝は私たち全員に勇気をくれる。彼女がしていることは本当に素晴らしいことです。若い女の子たちはこれを見て勇気をもらっているでしょう。ナオミのチームにもおめでとうを言いたい。特別なことを実現している。毎日ナオミを鼓舞して、その中で彼女が日々、良くなっています。おめでとうございます」

 最初に大坂を祝福し、称賛した。さらに「そして大会を開催してくれてありがとうございます。隔離の間、私たちが居心地よくいられるようにいろんなことをしてくれた。母国のファンの皆さん、お母さんもテレビの前で泣きながら見ていることでしょう」と語ると、大きな拍手を浴びた。

 クリス・エバート・アカデミーで10歳から練習し、ジュニア世代の世界36位にランク。12歳でグランドスラムジュニアの部で3大会に出場したが、全仏の2回戦が最高成績だった。2014年の全米オープンにワイルドカードで出場。同9月に初タイトルを勝ち取ると、同10月には17歳の大坂から白星を掴んでいた。翌年プロに転向。昨年全米オープンで初めて4大大会4強に進出したが、大坂との準決勝はフルセットの末に敗れていた。

 4度目の対戦で大坂の3勝1敗。ブレイディは「私のチームにも感謝したい。あなたたちがいないと、今日ここにいないと思う。全てのことに感謝したい。もっと上を目指しましょう」と成長を誓った。

1 2
インハイTV
スポーツ応援サイトGROWING by スポーツくじ(toto・BIG)
J1,J2,J3全試合中継 DAZN独占 明治安田生命Jリーグ 2月26日(金)開幕
NIPPONを走ろう。
スマートコーチは、専門コーチとネットでつながり、動画の送りあいで上達を目指す新しい形のオンラインレッスンプラットフォーム
One Rugby関連記事へ
THE ANSWER 取材記者・WEBアシスタント募集